ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 観光・市政案内 > 市政運営 > 市の計画 > 福祉・健康に関する計画 > 第2次新座市地域福祉計画(新座市社会福祉協議会地域福祉計画)

第2次新座市地域福祉計画(新座市社会福祉協議会地域福祉計画)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月25日更新

 地域には様々な方が暮らしており、生活上の悩みや問題も多様化、多問題化し、行政が行う既存の福祉制度だけでは解決できない問題も多くあります。地域での小さな困りごとにもきめ細かく対応し、今後、さらに共助による支援を強化するため、地域の支え合いにより展開される地域福祉が、問題解決に向けた取組として期待されています。
 市では、平成19年3月に「支え合い、つながり合い、安心があり、支え合いを支えるまち にいざ」を基本理念とする「新座市地域福祉計画」を「新座市社会福祉協議会地域福祉活動計画」と一体となって策定し、地域福祉の推進を図ってきました。
 この間、社会情勢の変化等により地域福祉に求められるニーズは多様化し、自助、共助、公助が一体となった取組の必要性が再認識されています。
 そこで、市では、新たな市民ニーズに対応するべく、平成24年度から28年度までを計画期間とする第2次新座市地域福祉計画(新座市社会福祉協議会地域福祉活動計画)を策定しました。
 なお、策定に当たっては、第2次新座市地域福祉計画(新座市社会福祉協議会地域福祉活動計画)策定委員会において審議するとともに、策定委員会公表案についてパブリックコメントに準じた手続による意見募集により、市民の皆さんからご意見をいただきました。
 ※意見募集により提出された意見とその意見に対する考え方はこちらから(別ウィンドウ・PDFファイル・146KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)