ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療 > 保険 > 国民健康保険 > 健診・健康づくり > 市の健診(国保の個別特定健診・人間ドック・総合健診)を受けない方への助成制度

市の健診(国保の個別特定健診・人間ドック・総合健診)を受けない方への助成制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月8日更新

特定健康診査受診券を使用しないで職場等で健診等を受けた方へ
~令和元年度から対象期間が
通年変更になりました!~

対象者

  下記の1~3をすべて満たす方が対象です。

  1. 健診受診日に国民健康保険に加入している40歳~74歳までの方。
  2. 国保の個別特定健診・人間ドック・総合健診を受診せずに職場等の健診や自費で人間ドックを受けた方。
  3. 2の受診した健診等が下記の特定健診の基本項目を満たしていること。

特定健診の基本項目

既往歴、自覚症状、身長、体重、BMI、腹囲、血圧、身体診察、HDLコレステロール、 LDLコレステロール、中性脂肪、空腹時血糖またはヘモグロビンA1cのうちいずれか一つ、検尿(尿糖、蛋白)、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GT(γ-GTP)

 助成等を受ける方法

 

職場等の健診を受けた方・

治療中で保険診療にて検査を受けた方

 

全額自費で健診を受けた方

申請期間

令和2年9月末日まで

受診日により申請期間が異なります。下記参照

対象となる健診期間

平成31年4月~令和2年3月(通年)

・  平成30年度の市の健診を受けていない方で、平成30年4月~6月または平成31年1月~3月に受診した方

  → 令和元年9月末日(必着)

・  令和元年度の市の健診を受けていない方で、平成31年4月~令和2年3月に受診した方

  → 受診後6か月以内に国保年金課まで申請してください。

景品/助成金

タンブラー、万歩計、クオカード(500円分)のうち、いずれか一つお選びください。(年度途中で変更の可能性があります)

10,000円を上限とします。

(10,000円未満の場合は、健診等にかかった金額)

提出書類

(1)健診結果の写し (2)保険証

(3)特定健康診査受診券

(4)問診票(窓口にあります)

(1)健診結果の写し (2)保険証

(3)領収書(原本)

(4)特定健康診査受診券

(5)問診票(窓口にあります)

(6)申請者(受診者)の口座が分かるもの(通帳など)

※申請者(受診者)の口座でない場合、委任状(要押印)が必要です。

詳しくは国保年金課までお問い合わせください。

ご注意ください

  •  重複受診(個別特定健診・人間ドック・総合健診・市の健診を受けない方への助成制度)はできません。年度内に、( )内のいずれか1回のみのご利用となります。
  •  重複受診が判明した場合は公費負担分を返金していただきます。
  •  受診日当日に、国保の資格を喪失している場合は受診することができません。
  •  届出日にかかわらず、さかのぼって転出や社会保険等への加入が受診後に判明した場合も公費負担分を返金していただきます。