ページの先頭です。

特定保健指導について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月8日更新

健診結果により、対象となった方には「特定保健指導」が行われます

  メタボリックシンドロームのリスクが認められる方が対象です。保健師、管理栄養士などの専門家から、生活習慣改善や健康づくりに関するサポートやアドバイスが受けられます。

  生活習慣病は何の症状もなく進行し、気づいた時には、重症化していて高額な医療費がかかるケースが多くあります。症状がないからと放置せず、早めの予防が大切です。

  対象となった方には、健診の約2か月後にご案内を差し上げますので、ぜひご利用ください。

  健診受診後に特定保健指導の対象とならなかった方でも、検査の値に不安があるなど、ご自身の健康についてお聞きになりたい方は、保健師や管理栄養士による健康相談を実施しておりますのでご活用ください。

  相談には予約が必要ですので、ご希望の方はお気軽に市国保年金課まで問合せください。

特定保健指導の流れ

メタボのリスクが出始めた方には動機付け支援

  動機付け支援対象者向け健診結果の見方説明会を開催します。

メタボのリスクが高い方には積極的支援

  専門家による3か月以上継続したサポートを受け取られます。

面接

  ご自身の生活を振り返り、専門家のアドバイスを受け、生活習慣改善の計画を立てる

       ↓

実行

  ご自身の立てた計画にそって生活習慣改善!不明なことがあれば、保健師や管理栄養士がサポートいたします。

       ↓

評価

  生活習慣を振り返り、できることを継続しましょう。次年度の健診を受け、検査数値を確認しましょう。