ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療 > 保険 > 国民健康保険 > 国民健康保険の給付 > 70歳から74歳までの方の高額療養費自己負担限度額
申請が必要な療養費の手続について
高額療養費の手続について
その他の給付の手続について
保険給付の注意点

70歳から74歳までの方の高額療養費自己負担限度額

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月1日更新

 70歳から74歳までの方の高額療養費の自己負担限度額は、所得や外来の場合、入院と外来があった場合で異なります。

現役並み所得者

外来の場合の自己負担限度額

 個人ごとに計算し、自己負担限度額は44,400円です。
 ただし、過去12か月以内に4回以上高額療養費の支給があった場合の4回目からの限度額は44,400円です。

入院と外来が複数あった場合の現役並み所得者の自己負担限度額(世帯ごとに計算)

 世帯ごとに計算し、80,100円+(総医療費(10割分)-267,000円)×1パーセント
 ただし、過去12か月以内に4回以上高額療養費の支給があった場合の4回目からの限度額は44,400円です。

一般の方

外来の場合の自己負担限度額

 個人ごとに計算し、自己負担限度額は12,000円です。

入院と外来が複数あった場合の自己負担限度額

 世帯ごとに計算し、自己負担限度額は44,400円です。

低所得2(世帯主及び世帯員全員が住民税非課税の方)

外来の場合の自己負担限度額

 個人ごとに計算し、自己負担限度額は8,000円です。

入院と外来が複数あった場合の自己負担限度額

 世帯ごとに計算し、自己負担限度額は24,600円です。 

低所得1(世帯主及び世帯員全員が住民税非課税でかつ、各種収入等から必要経費、控除を差し引いた所得が0円となる世帯に属する方)

外来の場合の自己負担限度額

 個人ごとに計算し、8,000円です。
 ただし、月の途中で75歳の誕生日を迎えると、移行した後期高齢者医療制度と移行前の医療制度、それぞれのその月の自己負担限度額が2分の1になります。

入院と外来が複数あった場合の自己負担限度額

 世帯ごとに計算し、15,000円です。
 ただし、月の途中で75歳の誕生日を迎えると、移行した後期高齢者医療制度と移行前の医療制度、それぞれのその月の自己負担限度額が2分の1になります。

このページと関連のあるページ