ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療 > 保険 > 国民健康保険 > 国民健康保険の給付 > 国民健康保険の高額療養費自己負担限度額
申請が必要な療養費の手続について
高額療養費の手続について
その他の給付の手続について
保険給付の注意点

国民健康保険の高額療養費自己負担限度額

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月1日更新

 高額療養費とは、医療機関の窓口で支払う医療費を一定額以下にとどめる目的で支給される制度です。同一の医療機関でかかった費用を世帯単位で合算し、自己負担限度額を超えた分について給付を受けることができます。
 限度額適用認定証を医療機関の窓口で提示した場合も同様に自己負担限度額を超えた分について給付を受けることができます。
 該当の方には受診してから3、4か月後に申請書を送付しますので、申請書がお手元に届いてから手続きをお願いします。
 ※高額療養費は医療機関から提出される明細書に基づいて支給を行うため、明細書の提出が遅れている場合には、申請書が届くのが遅くなりますのでご了承下さい。

このページと関連のあるページ