ページの先頭です。

トマト黄化病にご注意を!

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月3日更新

トマト黄化病にご注意ください!

埼玉県にて、トマト黄化病が発生しました。

 トマトを栽培されている方につきましてはより一層の注意を払っていただき、トマト黄化病の対処について、ご協力をお願いします。

対策について

対策につきまして、県から指針が出ております。

(1) 媒介虫、コナジラミの徹底的な防除

 トマト黄化病は、ウイルスによる病であり、タバココナジラミとオンシツコナジラミによって媒介されます。

そのため、育苗期からのコナジラミ類の徹底した防除が大事です。

(2) 防虫ネットを張る

 コナジラミ類はとても小さい生物です。施設の天窓や側窓の開口部には防虫ネットを展張し(目合い0.4mm以下推奨)、コジラミ類の進入を防止しましょう。

(3) ほ場周辺の雑草除去を徹底

 コナジラミ類は雑草があれば増殖します。ほ場周辺の雑草の除去を徹底し、コナジラミの増殖を防ぎましょう。

(4) 発病株の処分

 トマト黄化病に感染してしまうとトマト黄化病の伝染源となってしまいます。見つけ次第抜きとり、袋に密閉して場外に持ち出して適切な処分をお願いします。

(5) ハウスをしっかり密閉

 コジラミは拡散します。コジラミを分散させないために、栽培終了時にはハウスを密閉し、コナジラミ類の全滅を目指しましょう。

 

埼玉県HP「特殊報『トマト黄化病の発生について』」

特殊報第3号 トマト黄化病の発生について (別ウィンドウ・PDFファイル・282KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)