ページの先頭です。

採用試験Q&A(給与・勤務条件等)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月1日更新

Q 勤務時間はどうなっていますか?

 A 月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時15分までで、土曜日、日曜日及び国民の祝日に関する法律に定める休日並びに12月29日から翌年1月3日は、お休みです。ただし、配属先によっては、上記と異なる勤務時間及び休日が適用されます。

Q 休暇制度はどうなっていますか?

 A 年次有給休暇として、年度20日を付与しています。また、疾病等の場合に取得できる病気休暇や結婚休暇、忌引の場合に取得できる特別休暇があります。また、この他にも介護休暇や育児休業等の制度もあります。

Q 子育て支援に関する制度はありますか?

 A 次表のとおり、子育て中の職員が取得できる休暇制度があります。男女を問わず子育て中の職員は、必要に応じて取得し、子育てと仕事の両立を図っています。

子育てに関する休暇制度
休暇給料内容・利用期間
出産休暇有給出産予定日の6週間(多胎妊娠の場合にあっては14週間)前から、産後8週間を経過するまでの期間に取得できます。
妊産婦の健診休暇有給妊産婦が、保健指導又は健康診断を受ける時に取得できます。
配偶者の出産補助休暇
【男性が取得する休暇】
有給配偶者が出産後、1か月以内に、3日の範囲以内において、必要と認められる時間を取得できます。
男性職員の育児参加
【男性が取得する休暇】
有給配偶者の出産前後の期間に、5日の範囲内で取得できます。
育児休業
【男女ともに取得できます】
無給3歳未満の子を養育するとき、母親・父親のどちらでもその子が3歳に達する日(誕生日の前日)まで取得できます。
育児時間休暇
【男女ともに取得できます】
有給1歳未満の子を育てる場合に、1日2回それぞれ30分間取得することができます。
育児のための部分休業
【男女ともに取得できます】

有給
(減額)

小学校就学前の子を育てる場合に、1日2時間を限度に勤務の始め又は終わりに30分単位で取得できます。
育児短時間勤務
【男女ともに取得できます】

有給
(減額)

小学校就学前の子を育てる場合に、(1)1日4時間、(2)1日4時間45分、(3)週3日、(4)週2日半のいずれかの勤務形態を選択して勤務することができます。
子の看護休暇
【男女ともに取得できます】
有給
(減額)
小学校就学前の子を育てる場合に、子の負傷や疾病により看護の必要がある場合等に各年5日間の範囲内で取得できます。
短期介護休暇【男女ともに取得できます】有給
(減額)
子などが負傷、疾病等により2週間以上の期間にわたり日常生活を営むのに支障がある場合、各年5日間の範囲内で取得できます。

Q 昇給はありますか? 民間企業での経験は、給料に反映されますか?

 A 原則として年1回行います。民間企業での実務経験等の経歴については、本市所定の基準により初任給に加算します。また、技術職員については、入庁時の格付において市の規定に基づく加算を行います。