ページの先頭です。
会議開催予定
会議録

平成30年度第3回新座市水道事業審議会

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月29日更新

開催日時

平成31年3月14日(木曜日)
午前10時00分から午前12時00分まで

開催場所

新座市役所第二庁舎1階 会議室1

出席委員

野崎操・榎本賢治・土橋麻子・大宮明子・内藤幸代

事務局職員

上下水道部長 橋本吉弘
同部副部長兼下水道課長 久米田英之
水道業務課長 込戸啓一
水道業務課副課長兼総務係長 仁平悟史
水道施設課長 小寺安次
水道施設課副課長 吉田文雄
水道施設課副課長兼水道管理センター所長 新井将司
水道施設課副課長兼水道工務係長 井上浩気
水道業務課主任 佐藤美咲
水道業務課主事 出井拓実

会議内容

  1.開会

  2.会長挨拶

  3.市長挨拶

  4.議題

  (1)新座市水道事業アセットマネジメントの策定について

  (2)新座市水道事業経営戦略の策定について

  (3)新座市上水道第6次施設整備事業計画の見直しについて

  5.その他

  6.閉会

会議資料

・アセットマネジメントの策定について

・新座市水道事業経営戦略の策定について

・新座市上水道第6次施設整備事業計画

公開・非公開の別

公開(傍聴者なし)

その他の必要事項

なし

 

審議の内容(審議経過、結論等)

 1 開会

午前10時00分開会

 2 会長挨拶

 3 市長挨拶

 4 議題

(1)アセットマネジメントの策定について

込戸水道業務課長よりアセットマネジメントの策定についての説明

《質疑》

質問1

委員 :5年ごとに値上げをしなければいけないような状態なのか。

 

事務局:計画では10年単位での料金改定を想定しているが、今後の状況によっては変わることもありうる。

 

質問2

委員 :前回値上げをしたのはいつか。どのくらい値上げを行っていないのか。

 

事務局:前回は平成14年の7月に値上げを行った。前回値上げしたときは、赤字の状態だったので、値上げ幅も大きかった。値上げ後は利益を出せている状態だったので現在まで値上げは行わなかった。

 

質問3

委員 :2021年に18%上がる計画だが、市民にはこの値上げ幅をどう説明するのか。

 

事務局:実際に料金改定を行う際は、議会に諮り、再度審議会の方にも諮問させていただく予定。その後、広報等で周知する予定。段階を踏んで値上げは行う予定である。

 

    会長により採決がとられ、全員一致で承認される。

(2)新座市水道事業経営戦略の策定

込戸水道業務課長より新座市水道事業経営戦略の策定について説明

《質疑》

委員 :志木市は国庫補助を受けているとのことだったが、新座市と水道料金の差はないように見受けられる。採択基準は何か。

 

事務局:国庫補助の採択基準で全国平均単価というものがあり、毎年変更されている。その単価を超えていれば補助を受けられる、といったような線引きがされている。今後の値上げ次第では新座市も国庫補助の対象になりうる。

 

    会長により採決がとられ、全員一致で承認される。

(3)新座市第6次施設整備事業計画の見直しについて

小寺水道施設課長より新座市第6次施設整備事業計画の見直しについて説明

《質疑》

質問1

委員 :アスベストが確認されたのか。

 

事務局:管理センターの外壁と内壁の一部に、微量であるがアスベストが入った塗装材を使用していたことが分かった。第7次以降で対応していきたい。

 

質問2

委員 :医療機関3箇所が重要給水施設として選ばれているが、これは救急病院であるからなのか。

 

事務局:3病院は救急病院であるということと、水を大量に使用することから重要施設として位置づけ、また、本部でもある新座市役所を加え、4拠点を重要給水施設とした。

 

    会長により採決がとられ、全員一致で承認される。

5 その他

・込戸水道業務課長より、森透水の製造を平成31年度から休止することについて説明。

6 閉会

午前11時30分閉会