ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 市政情報・観光 > 祭り・イベント > イベント > 東京2020オリンピック・パラリンピック特設ページ > 【東京2020公認プログラム】埼玉で開催!オリンピック2年前イベントでホストタウン相手国・ブラジルをPRしました

【東京2020公認プログラム】埼玉で開催!オリンピック2年前イベントでホストタウン相手国・ブラジルをPRしました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月22日更新

開催日時

7月21日(土曜日)・22日(日曜日)
午前10時~午後6時

場所

イオンレイクタウン(越谷市)
(ホストタウン相手国PRブース・ステージエリア内)

内容

ホストタウン相手国PRブースでブラジルを応援しました!

ブラジルの文化を紹介したパネル

東京2020大会では、大会直前にブラジルオリンピック選手団が新座市内にある立教学院新座キャンパスや総合運動公園陸上競技場などで事前トレーニングキャンプを行う予定です。

それに伴い、新座市はブラジルのホストタウンに登録しました(ホストタウンは国による事業です。)。

今回のイベントでは、埼玉県内でホストタウンに登録した市町がそれぞれの相手国をPR。
新座市はブラジルブースでPRを行いました。

リオ大会で使用した聖火トーチを展示しました

トーチを持つ子ども

2016年にブラジルのリオデジャネイロで開催されたオリンピックの聖火リレーで使用したトーチ(実物)をお借りして展示しました。

ブースにお寄りいただいた方には、実際に持ってみていただきました。
皆さん、実物の重さに驚いていました。

実物をご覧になって、大会への期待が膨らんだ方も多かったのではないでしょうか。

トーチを持った家族

トーチを持った家族

トーチを持った子どもたち

 

ブラジル選手団応援メッセージで国旗アートが完成しました

メッセージで作られた国旗アート

2020年の大会直前には、ブラジルのオリンピック選手団が新座市内で事前トレーニングキャンプを実施する予定です。

ブースでは、ブラジルの選手団に向けて応援メッセージを書いていただき、そのメッセージカードでブラジル国旗を作りました。

ブラジル選手にメッセージを書く様子

国旗アートのメッセージ

新座市の子どもたちがブラジルとの交流ステージを披露しました

ブラジルダンサーと市内の子どもたちのコラボダンス

屋外ステージでは、ホストタウン相手国発祥の歌やダンスが披露されました。

ブラジルからはサンバを始め、元気で明るいダンスや楽器の演奏が繰り広げられました。

また、ダンシングフェロープシケ(新座市)の子どもたちが、ダンサーと一緒に素晴らしいダンスを披露してくださいました!

ブラジルダンサーと一緒に踊る子ども

ブラジルダンサーの踊り

折り紙コーナーでブラジルの国鳥を作りました

折り紙で作られたトゥカーノ

折り紙コーナーでは「折り紙夢工房」の皆さんにより、ホストタウン相手国にちなんだ動物や花を折り紙で作るワークショップが開かれました。

ブラジルは国鳥「トゥカーノ」が作品に加わりました。

また、折り紙で作った見事なブラジル国旗が展示されました。

折り紙で作られたブラジル国旗