ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 生涯学習・スポーツ > スポーツ・レクリエーション > 東京2020オリンピック・パラリンピック特設ページ > 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会新座市推進委員会を開催しました

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会新座市推進委員会を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月21日更新

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた市全体の連携・協力体制の構築と未来に継承されるレガシーの創出、市の更なる発展を目指すため、この度「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会新座市推進委員会」を設立し、平成29年12月21日に第1回会議を開催しました。

推進委員会の概要

新座市は東京2020大会において射撃競技の会場となるとともに、ブラジルオリンピック選手団の事前トレーニングキャンプが行われることから、この貴重な機会をいかし、市のPRや地域活性化につながる取組を推進するために設立するものです。

推進委員会の体制

市長を委員長とし、市議会議長や教育委員会委員長、スポーツ関係、文化関係、商工関係、町内会関係、市内大学など、市内で活動する団体の皆様にご参加いただいています。

参加団体については、以下のファイルをご覧ください。

東京2020大会新座市推進委員会参加団体一覧 (別ウィンドウ・PDFファイル・31KB)

第1回会議(平成29年12月21日開催)

新座市におけるオリンピック・パラリンピックに関する全市的な会議は今回が初めてでしたが、委員の皆様に推進委員会の立ち上げについてご承認いただくとともに、東京2020大会に向けた市の取組についての紹介、推進基本計画の策定、「東京2020参画プログラム」の概要について説明し、ご意見をいただきました。

今後は、東京2020大会の終了まで、年1回から2回程度会議を行い、市の大会に向けた取組状況や市内団体の活動状況などを情報共有するとともに、推進委員会の下部組織となる部会を立ち上げ、より具体的な取組について検討を進めます。

第1回推進委員会の様子の写真です。第1回推進委員会で説明したスライドの写真です。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)