ページの先頭です。

郷土の歩み

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月18日更新

 新座市は、昭和45年11月1日に埼玉県で30番目の市として市制を施行しました。当時は人口も7万5千人余でありましたが、今や16万人を擁する県南西部の中堅都市として発展を遂げ、平成27年で市制45周年を迎えました。
 この郷土の歩みは、本市の発展過程における歴史的なできごとを取りまとめたものです。市民の皆さんに自分のまちの歴史を知っていただくとともに、新たな新座の文化を創造するための資料としてご活用ください。

郷土の歩み (別ウィンドウ・PDFファイル・1.79MB)
 
 本市の発展過程における歴史的な出来事を取りまとめたリーフレット「新座市制40年のあゆみ」は、こちらからからご覧になれます。
新座市制40年のあゆみ [別ウィンドウ・PDFファイル・24.0MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)