ページの先頭です。

市たばこ税とは

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月8日更新

 市たばこ税は、たばこの製造者、卸売販売業者等が市内の小売販売業者に売り渡した「たばこ」に対してかかる税金です。
 たばこの小売代金に、市たばこ税が含まれていますので、実際に税を負担するのは、たばこを購入した消費者となります。
 市内でたばこを購入していただくことにより、新座市の税収が増えることになります。

税率

 たばこ税関係法令の改正により、旧3級品の紙巻たばこに係る市町村たばこ税が廃止され、平成28年4月1日から平成31年4月1日までの4回にわたり、旧3級品の紙巻たばこの税率が引き上げられます。

税率(1,000本(50箱)当たりの税率)

期間 旧3級品の紙たばこの税率
現行 2,495円
平成28年4月1日から平成29年3月31日まで 2,925円
平成29年4月1日から平成30年3月31日まで 3,355円
平成30年4月1日から平成31年3月31日まで 4,000円
平成31年4月1日から 5,262円

※「旧3級品の紙巻たばこ」とは、わかば、エコー、しんせい、ゴールデンバッド、バイオレット、ウルマの6品目をいいます。
※旧3級品以外の紙巻たばこの税率については1,000本当たり5,262円