ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 年金・税金 > 税金 > 納税方法 > (公売情報)代理人による公売参加手続

(公売情報)代理人による公売参加手続

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月1日更新

 インターネット公売では、代理人が公売参加の手続をすることができます。代理人には、少なくとも公売参加申込み、公売保証金の納付及び返還に係る受領、入札並びにこれらに附帯する事務を委任することとします。

手続に入る前に

(1)手続に入る前にヤフオク!ガイドライン、新座市インターネット公売ガイドラインなどを必ずお読みください。

(2)以下のいずれかに該当する方は代理人となることができません。

  • 国税徴収法第92条(買受人の制限)又は同法第108条第1項(公売実施の適正化のための措置)に該当する方
  • 新座市インターネット公売ガイドライン及びヤフオク!に関連する規約・ガイドラインの内容を承諾せず、順守できない方
  • 公売財産の買受けについて一定の資格、その他の条件を必要とする場合で、これらの資格などを有していない方
  • 20歳未満の方
  • 日本語を完全に理解できない方
  • 日本国内に住所、連絡先がいずれもない方

(3)代理人による公売参加手続は、公売保証金の納付方法によって異なります。
 クレジットカードにより納付する場合は「公売保証金をクレジットカードにより納付する場合」を、銀行振込などにより納付する場合は「公売保証金を銀行振込などにより納付する場合」を参照の上、手続を行ってください。
 なお、公売財産によっては、銀行振込などにより納付ができない場合もありますので、インターネット公売の物件詳細画面で確認してください。

公売保証金をクレジットカードにより納付する場合

(1)代理人の「Yahoo!JAPAN ID」で新座市インターネット公売の公売物件詳細画面から公売参加申込みを行い、「参加者情報」に代理人の住所、氏名等を入力し、代理人による手続の欄の「する」を必ず選択してください。

(2)クレジットカード情報を入力し、公売保証金を納付してください。なお、代理人名義のクレジットカードをご使用ください。

(3)以下の書類を新座市へ提出してください。入札開始2開庁日前までに必要書類を提出できない場合、また、公売参加者本人以外から委任状が提出された場合も、入札をすることができませんのでご注意ください。

  • 委任状
     ※「委任状(別ウィンドウ・PDFファイル・53KB)」を印刷し、委任者・受任者双方の住所(所在地)及び氏名(名称)を記入してください。
     ※委任者の印鑑を押してください。
  • 委任者(公売参加者本人)の住所証明書(公売参加者が法人の場合は商業登記簿謄本等)

公売保証金を銀行振込などにより納付する場合

(1)代理人の「Yahoo!JAPAN ID」で新座市インターネット公売の公売物件詳細画面から公売参加仮申込みを行い、「参加者情報」に代理人の住所、氏名等を入力してください。仮申込みの際は、代理人による手続の欄の「する」を必ず選択してください。

(2)以下の書類を新座市へ提出してください。入札開始2開庁日前までに必要書類を提出できない場合、また、公売参加者本人以外から委任状が提出された場合も、入札をすることができませんのでご注意ください。

(3)新座市は、「公売保証金納付申込書兼返還請求書兼口座振込依頼書」を受領した後、「公売保証金納付申込書兼返還請求書兼口座振込依頼書」に記載されているメールアドレスあてに電子メールを送信し、振込先口座などをご案内します。
※上記書類の送付がないと、振込先口座などをご案内できませんので、ご注意ください。

(4)新座市が公売保証金の納付を確認した後、参加申込完了(参加登録)の手続を行うと、入札することができるようになります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)