ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 年金・税金 > 税金 > 納税方法 > ストップ!滞納 ~10月から12月までは滞納整理強化期間です~

ストップ!滞納 ~10月から12月までは滞納整理強化期間です~

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月9日更新

 

滞納は放置せずに相談を!!

ストップ滞納(コバトン)税(市・県民税、固定資産税・都市計画税、軽自動車税)や国民健康保険税は、皆さんが期限を守り、自主的に納めるものです。

 多くの方には期限内に納付していただいていますが、残念ながら一部の方は滞納している状況です。滞納は期限内に納付された方との公平性を欠きます。

 本市の滞納総額は年々減少していますが、平成29年度の市税及び国民健康保険税の滞納総額は約30億円です。これは総収入額の274億円と比較しても非常に高額であり、現在、早急な滞納解消に向けた取組を進めています。

 また、本市を始め、県内63市町村と県で10月から12月までを「滞納整理強化月間」と定め、「ストップ!滞納」を合言葉としています。

 

 

 

滞納の解消に向けた市の取組

 市では、納期限を過ぎても納付の確認が取れない方に対して、督促状・催告書の送付、納税コールセンターによる納税勧奨などを行い、自主納付のお願いをしています。それでも納付がない場合又は市にご相談がない場合には、税負担の公平性の実現のため、給与、預貯金、生命保険、不動産などの財産を差し押さえます。市税及び国民健康保険税は、市の重要な自主財源です。「少しくらい納付が遅れても問題はない」、「少額だから差押えにはならないだろう」と安易に考えず、期限内の納付をお願いします。

市税・国保税の滞納額と納税率の推移

 

差押えの執行状況

 

 納付・相談がない場合には・・・

滞納処分の流れ

 

納税課では市税以外の料金等(債権)の徴収も行っています

 保育料や介護保険料などの市税以外の料金等について、各担当課からの督促や催告などにもかかわらず、納付の意思が確認できないなどの方については、各担当課から納税課へ徴収業務を引き継いで、差押えなどの滞納処分を行い、徴収強化を図っています。

 市税以外の料金等について、納期限までに納めることのできない場合は、そのまま放置せず、早急に担当課へご相談ください。

 

口座振替が便利です

  納付のうっかり忘れをなくすために、預金口座から自動的に納付できる「口座振替」をおすすめします。口座振替を希望する方は、各納税通知書に添付の口座振替依頼書か、市役所又は市内金融機関の窓口にある口座振替依頼書に必要事項を記入の上、提出してください。また、市役所納税課の窓口では、キャッシュカードによる口座振替の申込みが行える「ペイジー口座振替受付サービス」もご利用できます。※受付できないキャッシュカードもあります。

「市税の納付方法」

 納付が困難な場合は

 災害・病気などによる生活困窮や事業不振といった様々な事情で、期限までの納付が困難な場合には、猶予制度などが適用になる場合があります。また、開庁時間内に来庁できない方のために夜間・休日の納付・納税相談窓口を開設しています。(来庁される場合は、事前に電話でのご予約をお願いします。)

 

平日の開設日時

 平日(土曜日、日曜日、祝日、年末年始の休日を除く)、午前9時から午後4時30分まで

夜間の開設日時

 毎週木曜日(祝日、年末年始を除く)、午後5時15分から午後7時まで

休日の開設日時

 毎月第4日曜日、午前9時から午後3時30分まで

「納期限までに納められないときは」

「納税の猶予制度について」    

納税相談の様子

 

不動産の公売について

 平成30年10月29日(月曜日)に市が差し押さえた不動産の公売を実施します。

公売情報はコチラ

公売日:平成30年10月29日(月曜日)、午後2時から

場所:市役所本庁者3階 301・302会議室

問い合わせ:特別滞納整理係 (048-458-0475)