ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 地域・暮らし > 住民票・戸籍 > 電子証明書 > 住民基本台帳カードの新規・再交付業務は終了しました

住民基本台帳カードの新規・再交付業務は終了しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月5日更新

 平成28年1月からマイナンバーカード(個人番号カード)の交付開始に伴い、平成27年12月28日付けで住民基本台帳カードの新規・再交付業務が終了しました。
 また、平成28年9月30日付けで証明書自動交付機の運用を終了し、成28年10月1日からマイナンバーカード(個人番号カード)を使用したコンビニ交付サービスを開始しました(コンビ二交付サービスのご案内はこちら)
 ※ 住民基本台帳カードはコンビ二交付サービスに対応しておりません。
マイナンバーカード(個人番号)カードについてはこちら
マイナンバーカード(個人番号カード)の交付が開始されます (別ウィンドウ・PDFファイル・1.62MB)
内閣官房「マイナンバー(社会保障・税番号制度)」(別ウィンドウ)

 住民基本台帳カード(住基カード)

 住基カードは、セキュリティに優れたICカードで、住基ネットを利用したサービス(住民票の広域交付など)を受けることができます。
 なお、平成28年1月からマイナンバーカード(個人番号カード)への電子証明書発行業務が開始したことに伴い、平成27年12月22日付けで住民基本台帳カードへの電子証明書発行業務は終了しました(公的個人認証サービスのご案内についてはこちら)
 住基カードは下図の2種類があります。写真付の住基カードは、本人確認の必要な窓口で、公的な身分証明書として利用することができます。

写真あり

写真付き住基カードの見本

写真なし

写真なし住基カードの見本

このぺージと関連のあるぺージ

住基ネット関連機関へのリンク

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)