ページの先頭です。

住居表示の届け出

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年3月27日更新

 市内に、専用住宅、共同住宅、事務所、倉庫などを新築または建替えなどをしたときは、住居表示のための付定の手続きが必要です。
 届け出がされないと、転入・転居の受付や郵便物などの配達に不都合が生じますのでご協力をお願いします。

届け出先及び受付時間

 市民課(市役所本庁舎1階)
※出張所ではできません。

 月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで

 所有者・管理者・占有者またその代理の方が、必要書類を持参のうえ、届け出てください。

手続きに必要な書類

 建物がほぼ完成したころに、次の書類などをご持参のうえ、届け出してください。

  1. 案内図
  2. 配置図
  3. 平面図
  4. 公図の写し
  5. 来庁する方の印鑑(認印)

 届け出は、1棟ごとになりますので、複数の建物を届け出する場合は、その数だけそれぞれの書類をご用意ください。

  • 建物その他の工作物新築届
  • 建物その他の工作物名称変更届
  • 共同住宅等建物概要書

※届出書類のダウンロードは住居表示に関する様式のダウンロードから

住居番号の付定

 届け出を受け付けしたのち、住居番号を付定し、住居番号表示板をお渡ししますので、建物の出入口付近、塀、ポストなど道路から見やすい箇所に取り付けてください。

住居番号表示版の写真
 住居番号表示板の例

住居番号表示板

 すでに取り付けてある表示板が破損している場合は、届け出により新しいものをお渡しします。

枝番号の付番

 おおむね8戸以上で住居番号が同一であるため、郵便物の誤配など支障をきたしている建物などについて、関係者の申し出により枝番号を付番します。

付番の条件

  1. 街区出入口となる道路などの長さ(奥行き)がおおむね35メートル以上で、同一の住居番号の建物などがおおむね8戸以上の地域であること
  2. 関係者全員の合意があること
  3. 付番により発生する不動産変更登記、そのほか関係機関などへの諸手続は関係者が行うこと
  4. 付番により発生する費用は関係者の負担であること

申し出の方法

 所定の様式に誓約書を添付し、申し出人代表者の方が直接、市民課(市役所本庁舎1階)へ届けてください。

※必要書類は市民課(市役所本庁舎1階)の窓口まで

枝番号の表示例

  • 変更前 新座市 野火止一丁目 1番 1号
  • 変更後 新座市 野火止一丁目 1番 1-1号