ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 地域・暮らし > ごみ・環境・衛生 > 環境 > 新座市における放射線対策の取組状況について

新座市における放射線対策の取組状況について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月30日更新

市では、平成23年3月11日に発生した東京電力株式会社福島第一原子力発電所の事故等への対応として、市内の公共施設等における空間放射線量の測定、市立小・中学校及び保育園における給食及び給食食材の放射性物質の検査等の様々な放射線対策を実施しております。また、公共施設の敷地全体における空間放射線量の測定を行い、その結果が市が管理する施設の対策基準値を超えた場合については、除染等の対策を講じてきました。
ここに、市がこれまでに取り組んできた放射線対策について取りまとめましたので、報告します。

新座市における放射線対策の取組状況

平成29年度についてはこちら

平成28年度についてはこちら

平成27年度についてはこちら

平成26年度についてはこちら

平成25年度についてはこちら

平成23年度・平成24年度についてはこちら

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)