ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 地域・暮らし > ごみ・環境・衛生 > 環境 > 太陽光発電システム設置費補助

太陽光発電システム設置費補助

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月31日更新

制度の概要

 地球温暖化対策の一環として、自然エネルギーによる発電を推進するため、太陽光発電システムを設置する方に対し、設置費用の一部を補助しています。

補助対象者

 既存の建築物(補助金の申込時において建築工事を完了し、使用している建築物をいう。)等に太陽光発電システムを設置し、発電された電力を市内の既存の建築物で使用する方で、申し込みの受理決定前に、当該システムの設置に要する経費に係る部分の工事に着手していないもののうち次に掲げる1~3のいずれかに該当するもの

  1. 自己の居住する住宅等に太陽光発電システムを設置し、発電された電力を自己の居住の用に使用する方で、補助金の申し込み時において市税等(平成26年度及び平成27年度分)の滞納がないもの 
  2. 共同住宅等に太陽光発電システムを設置し、発電された電力を共用部分にのみ使用する賃貸住宅の所有者で、補助金の申し込み時において市税等(平成26年度及び平成27年度分)の滞納がないもの又は分譲住宅の管理組合の管理者等
  3. 事業用建築物等(販売を目的として建築されたものを除く。)に太陽光発電システムを設置し、発電された電力を自己の事業の用に使用する者で、補助金の申込時において市税等(平成26年度及び平成27年度分)の滞納がないもの

補助金額

 1キロワット当たり2万円、限度額は10万円

申込方法

新座市太陽光発電システム設置費補助金申込書【様式第1号】  」に次の書類を添えて、環境対策課に提出してください(申込者本人以外の代理人が提出する場合は、郵送は不可)。

添付書類(上記補助対象者1の場合の書類なので、注意してください。)

  1. 発電システムを設置する住宅の場所を明確に示す地図
  2. 太陽電池モジュールの最大出力値が確認できる書類
  3. 太陽電池モジュールの配置図
  4. 建物全体のカラー写真
  5. 太陽電池モジュールを設置する全ての屋根面のカラー写真
  6. 個人情報利用目的外利用同意書【様式第2号】
  7. 発電システムにより発電された電力を使用する住宅が既存の建築物であることを確認できる書類
  8. 住民票の写し

※ 詳細は、平成28年度新座市太陽光発電システム設置費補助事業の御案内(パンフレット)を御覧ください。

申込期間

平成28年4月1日から平成29年3月6日まで

※ 申し込みから概ね2週間で受理決定を行いますが、必要要件が確認できない場合などは、受理決定までにそれ以上の期間を要することがあります。申し込みの受理決定前に発電システムの設置工事に着手した場合は、補助金は交付できません。

申請方法

新座市太陽光発電システム設置費補助金交付申請書【様式第7号】  」に次の書類を添えて、環境対策課に提出してください(申込者本人以外の代理人が提出する場合は、郵送は不可)。

添付書類(場合によって、このほかに必要となる書類がありますので、注意してください。)

  1. 発電システムの設置に要した費用に係る領収書の写し
  2. 発電システムの設置に要した費用に係る明細書
  3. 設置された全ての太陽電池モジュールを確認できるカラー写真
  4. 電力会社との電力受給契約書の写し

※ 詳細は、平成28年度新座市太陽光発電システム設置費補助事業の御案内(パンフレット)を御覧ください。

申請期間

発電システムの設置の完了後、平成29年3月21日まで

平成28年度新座市太陽光発電システム設置費補助事業の御案内

様式

記入例

要綱

新座市太陽光発電システム設置費補助金交付要綱

(参考)補助制度を利用して、市内に設置した太陽光発電システムについて

報告された太陽光発電システムに関するデータの平均値

平成21年度から平成23年度までに、市の補助制度を利用し、429人の方が市内の住宅に太陽光発電システムを設置しました。市に提出された報告を基に、太陽電池容量1キロワット当たりの年間発電量を平均すると、1,040キロワット時となります。

※一般社団法人太陽光発電協会(JPEA)は、設置状況や地域の気候条件等によって変動するものの、太陽電池容量1キロワット当たりの年間発電量は約1,000キロワット時であるとしています。

  • 太陽電池容量 3.26キロワット
  • 年間発電量 3,422キロワット時
  • 太陽電池容量1キロワット当たりの年間発電量 1,040キロワット時

市の補助制度を利用して設置された太陽光発電システムによる年間発電量(推計)

 これまでに市の補助制度を利用し、太陽光発電システムを設置した全ての住宅等における年間発電量は、推計で約438万キロワット時になります。電気事業連合会によると、一世帯当たりの電力消費量は月に300キロワット時(年に3,600キロワット時)程度であるため、この発電によって、約1,200世帯分の年間の消費電力がまかなえることになります。

累計出力と推計年間発電量
年度件数累計出力(キロワット)推計年間発電量(キロワット時)
平成14年度2267.6067,600
平成15年度2993.4493,440
平成16年度39123.77123,770
平成21年度90281.34281,340
平成22年度165525.33525,330
平成23年度174605.14605,140
平成24年度188708.50708,500
平成25年度223873.60873,600
平成26年度165735.70735,700
平成27年度87367.61367,610
合計1,1824,382.034,382,030

出力1キロワット当たりの設置費用の推移

 平成25年度まで、太陽光発電システムの価格低下が進みましたが、その後は横ばい傾向にあります。平成27年度において、市の補助金を利用して太陽光発電システムを設置した方の設置費用の平均は、出力1キロワット当たり約46万円です。

太陽光発電設置費用の推移

太陽光発電に関するトラブルにご注意ください

トラブルの事例など

経済産業省 資源エネルギー庁が太陽光発電に関するトラブルを注意喚起するリーフレットを作成しておりますので、ご覧ください。

太陽光発電に関するトラブルにご注意ください(リーフレット)

設置にあたって知っておくべきこと

埼玉県が事務局を行っている埼玉県ソーラー拡大協議会が、太陽光発電の普及拡大及び設置にあたってのトラブルの未然防止を図るために、太陽光発電の契約・設置にあたって知っておくべきことに関するチェックリストを作成しておりますので、ご覧ください。

住宅用太陽光発電安心・安全設置のためのチェックシート

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)