ページの先頭です。

雨水貯留槽設置費補助

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

制度の概要

 雨水貯留槽を設置する方に対し、設置費用の一部を補助しています。 

 共同住宅や事業用建物も対象になります。

 雨水貯留槽は、雨水を貯留し、これを植木や庭への散水、災害時の生活用水に利用できるほか、道路冠水や河川の氾濫対策にも役立ちますので、ぜひ御活用ください。

補助対象者

⑴ 平成30年4月1日から平成31年3月20日までに雨水貯留槽を購入し市内の建物に設置すること。

・ 自己の居住する市内の住宅に対象設備を設置し、補助金の申請時において、住所を有し、市税等を滞納していない者

・ 自己の所有する市内の賃貸共同住宅に対象設備を設置し、補助金の申請時において市税等を滞納していない者又は市内の分譲共同住宅に対象設備を設置する当該住宅の管理組合の管理者等

・ 自己の事業の用に使用する市内の建物(販売を目的として建築されたものを除く。)に対象設備を設置し、補助金の申請時において市税等を滞納していない者

※ 市税等とは、市県民税、固定資産税・都市計画税、軽自動車税及び国民健康保険税をいい、延滞金を含みます。

※ 固定資産税・都市計画税については、申請者を含む複数人が共有で所有する固定資産に係るものを含みます。

⑵ 平成30年度において、同一世帯で同じ対象設備に係る補助金の交付を受けていないこと。

 

補助金額

  設置に要した額(消費税込み)の2分の1の額(ポイント還元等値引きされた分の金額は設置に要した額に含まれません。限度額は2万円。100円未満は切り捨て)

申請方法

 次の書類を添えて、環境対策課に提出してください(申請者本人以外の代理人が提出する場合は、郵送不可)。

提出書類

  1. 新座市雨水貯留槽設置費補助金交付申請書(様式第1号)
  2. 雨水貯留槽の設置に要した費用に係る領収書の写し(ポイント還元等値引きされた分の金額は設置に要した額に含まれません。)
  3. 雨水貯留槽の設置に要した費用に係る明細書→市の様式で作成する場合は(様式第3号)
  4. 雨水貯留槽の設置場所の配置図
  5. 雨水貯留槽の設置状況が確認できるカラー写真(雨水貯留槽の全体が確認できるもの)
  6. 個人情報利用目的外利用同意書(様式第2号) (分譲共同住宅の場合は除く。)
  7. 管理組合の管理者等が確認できる書類(分譲共同住宅の場合に限る。)
  8. 管理組合による対象設備の設置の決議がなされていることが確認できる書類(分譲共同住宅の場合に限る。)
  9. 代理人が申請の手続を行う場合は、委任状(参考様式1)

※ 詳細は、平成30年度雨水貯留槽設置費補助事業の御案内(パンフレット)を御覧ください。

申請期間

平成30年4月1日から平成31年3月20日まで(日曜日、土曜日、休日及び年末年始を除く。)の午前8時30分から午後5時15分まで

 平成30年度雨水貯留槽設置費補助事業の御案内

 様式

記入例

 要綱

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)