ページの先頭です。
トップページ > 組織でさがす > リサイクル推進課 > ごみ収集時による火災事故が発生

ごみ収集時による火災事故が発生

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月24日更新

  ごみ収集時の火災が連続して発生しました

  火災の概要


 ・発生日時 平成30年1月12日(金曜日) 午前9時55分頃

 ・発生場所 栗原地域

 ・収集品目 不燃ごみ

 ・発火原因 ライターが収集車の中で圧縮され、摩擦されたことによるもの

 

 収集作業員が収集車からの煙に気付き、 安全な場所に移動し、収集作業員により消火されました。

 人的被害はありませんでした。

  火災の概要


 ・発生日時 平成30年4月10日(火曜日) 午後2時50分頃

 ・発生場所 新堀地域 

 ・収集品目 不燃ごみ

 ・発火原因 発火速度が早かったため不明

火災画像車両

 消火後の様子                       火災により焼けた車両

 

 収集作業員が収集車からの煙に気付き、安全な場所に移動し、消防署隊員により消火されました。

 人的被害はありませんでした。

  不燃ごみの出し方(お願い)


  ・乾電池は赤色の収集容器に

  ・使い捨てライターは使いきってから灰色の収集容器に

  ・スプレー缶は必ず中身を使いきり、ガスを抜いた状態(穴はあけなくて結構です)で、リサイクル資源収集日にビンの収集容器(黄色)

  それぞれ必ず分けて入れてください。


  ※火災が発生すると、収集時間に遅れが生じるだけでなく、近隣の方々や作業員に危険が及ぶことになります。市民の皆様のご協力をお願いします。