ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 安全・安心 > 消防・防災 > 防災 > 新座市洪水・土砂災害ハザードマップを作成しました

新座市洪水・土砂災害ハザードマップを作成しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月1日更新

 市では、市民の皆さんに、河川がはん濫し、洪水が発生した際の浸水の状況や土砂災害が発生する可能性がある場所を分かりやすく提供し、万一の場合の備えに役立てていただくことを目的として、新座市洪水・土砂災害ハザードマップ(平成28年3月発行)を作成しました。
 このマップは、表面・裏面の2面で構成されています。表面には、避難の目安となる情報、避難の際の心得、要配慮者への支援、浸水想定区域を掲載しています。裏面には、洪水・土砂災害ハザードマップを掲載しています。 「新座市防災マップ・ハンドブック」と併せて、ご活用ください。

新座市洪水・土砂災害ハザードマップはこちら

 ご利用方法 

 左上の矢印ボタン及び「+」「-」ボタンで画像の移動や拡大・縮小ができるほか、画像をマウスでクリックした後、ホイール付きマウスのダイヤルを前後に回して拡大・縮小することもできます。必要なサイズを選択し、閲覧してください。

ハザードマップ・表面

避難の目安となる情報

 雨の強さの目安、注意報・警報の基準、避難情報の種類、基準水位、急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)の前兆現象、土砂災害について、情報の入手先、避難情報の伝達系統

避難の際の心得

 心構えと準備、避難時の心得、避難時の留意点、地下空間の危険性、注意を要する箇所

要配慮者への支援・浸水想定区域

新座市洪水・土砂災害ハザードマップ(表面) (別ウィンドウ・その他のファイル・6KB)

ハザードマップ・裏面

洪水・土砂災害ハザードマップ

 市に大きな被害を及ぼすと考えられる荒川、柳瀬川及び黒目川が大雨により増水して堤防が決壊し、又は越水した場合に予測される浸水の範囲とその深さをあらわしたものです。予測に当たっては、荒川については概ね200年に1度の大雨が降った場合を、柳瀬川・黒目川については概ね100年に1度の大雨が降った場合を想定しています。
 このマップは国や埼玉県が公表する浸水想定区域図(予測される浸水範囲とその深さを表した図)と新座市が独自に行った調査に基づいて作成したものです。
 また、埼玉県が指定する土砂災害警戒区域、土砂災害特別警戒区域(がけ崩れが発生した場合に被害をうけるおそれのある場所)を図上に示したものです。
 雨の降り方や土地利用形態の変化などにより、このマップで浸水範囲とされていない地域で浸水が発生する場合や、浸水の深さが実際とは異なる場合があります。

新座市洪水・土砂災害ハザードマップ(裏面) (別ウィンドウ・その他のファイル・6KB)

A3印刷はこちらから

新座市洪水・土砂災害ハザードマップ(裏面)(A3縮小軽量版) (別ウィンドウ・PDFファイル・3.49MB)

大規模氾濫に関する減災対策協議会への参加

 新座市は、国土交通省関東地方整備局荒川上流河川事務所が主催する「荒川水系(埼玉県域)大規模氾濫に関する減災対策協議会」に参加し、国・県・近隣市町村と現状の課題や今後の対策について、協議を行っております。

 荒川上流河川事務所ホームページへ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)