ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 安全・安心 > 消防・防災 > 防災 > 社会資本総合整備計画の事後評価を実施しました。

社会資本総合整備計画の事後評価を実施しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月27日更新

新座市では、平成24年度から2か年を事業期間とした社会資本総合整備計画「防災対策による災害に強いまちづくり」を策定し、社会資本整備総合交付金を活用して計画的に取り組んでまいりました。

 主な施策といたしましては、災害時の緊急情報等を市民の皆様に周知する施設「防災行政無線」のデジタル化整備です。

 このたび、上記計画に係る数値目標の達成状況や整備箇所、また、今後のまちづくり方策についてまとめた事後評価を実施しましたので、公表いたします。

公表資料

 事後評価

  表紙 (別ウィンドウ・PDFファイル・36KB)

  事後評価概要 (別ウィンドウ・PDFファイル・218KB)

  事業実施状況 (別ウィンドウ・PDFファイル・104KB)

  事業箇所図 (別ウィンドウ・PDFファイル・300KB)

 社会資本総合整備計画 

  表紙 (別ウィンドウ・PDFファイル・35KB) 
  
  社会資本総合整備計画 (別ウィンドウ・PDFファイル・143KB)

  事業箇所図 (別ウィンドウ・PDFファイル・529KB)

防災行政無線とは

 防災行政無線とは、災害時の緊急情報等、市から市民の皆様への情報伝達システムです。

 行政上、必要な情報を一斉にお知らせすることができます。

 デジタル防災行政無線パンフレット表面 (別ウィンドウ・PDFファイル・4.89MB)

 デジタル防災行政無線パンフレット裏面 (別ウィンドウ・PDFファイル・5.41MB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)