ページの先頭です。
トップページ > 組織でさがす > コミュニティ推進課 > 新座市観光親善大使の黄川田将也さんが母校で桜の苗木の植樹式を行いました。

新座市観光親善大使の黄川田将也さんが母校で桜の苗木の植樹式を行いました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月10日更新

  ふくしまサクラモリプロジェクトが福島県で育てた桜の苗木が新座市観光親善大使の黄川田将也さんを通じて母校に贈られ、3月7日(火曜日)にその植樹式を行いました。

  【第六中学校】 

  第六中学校 集合写真       第六中学校 植樹

  第六中学校の植樹式には並木市長も参加し、卒業を間近に控えた3年生との交流会の後、黄川田さん、並木市長、生徒の代表による桜の植樹を行いました。

 

  【新堀小学校】

  新堀小学校       新堀小学校 植樹

  新堀小学校では、5・6年生との交流会と植樹式を行った後、5年生の児童と一緒に給食を頂きました。

 

  【石神小学校】

  石神小学校 集合写真       石神小学校 植樹

  黄川田さんが2年生まで通っていた石神小学校では、5年2組の児童と交流した後、クラスの児童と植樹を行いました。

 

 

  ※ふくしまサクラモリプロジェクト

  福島県のイメージ回復、他県との交流を目的として、福島県で育てた桜を全国各地で咲かせる活動をしている団体です。

  この活動にはNHK大河ドラマ「八重の桜」等を手掛けたプロデューサーが関わっており、黄川田将也さんも「八重の桜」に出演していた縁から、母校での植樹を行うことになりました。

 

 

  ふくしまサクラモリプロジェクト