ページの先頭です。
トップページ > 組織でさがす > 福祉政策課 > にいざ支えあいフォーラムPart2が開催されました!

にいざ支えあいフォーラムPart2が開催されました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月7日更新

   9月29日(日)、「支え上手・支えられ上手になろう!―にいざ支えあいフォーラムPart2―」が市民会館にて開催され、250人を超える方がご来場されました。

第1部

   フォーラム第1部では、並木市長の挨拶に始まり、社会福祉協議会 小川会長が後援団体を代表してご挨拶されたあと、十文字学園女子大学人間生活学部 佐藤陽教授の基調講演が行われました。
   講演タイトルは、「お互い様の地域づくり、支え支えられの関係づくり」。私たちの暮らしにあるさまざまな福祉課題(老々介護、認知症高齢者、8050問題、生活困窮、虐待、ゴミ屋敷等近隣とのトラブルなど)を取り上げ、ちょっと「おせっかい」で見て見ぬふりをしない「支え合い」の関係づくりを分かりやすく解説いただきました。

市長挨拶・社会福祉協議会会長挨拶

市長・社会福祉協議会会長挨拶

基調講演(十文字学園女子大学 佐藤陽教授)

基調講演

 第2部

   フォーラム第2部では、市内6つの地区(東部第一、東部第二、西部、南部、北部第一、北部第二)に設置された協議体の活動報告が行われました。これまで取り組んできたことやこれから取り組もうとすること、協議体に参加して感じていることなどを発表していただきました。

活動報告(東部第一・東部第二)

東一・東二

活動報告(西部・南部)

西部・南部

活動報告(北部第一・北部第二)

北一・北二

パネル展示等

   会場の市民会館ロビーでは、協議体、地域福祉推進協議会、事業所などのパネルが展示され、それぞれの活動状況を写真やイラストで紹介されました。そのほか、十文字学園女子大学佐藤ゼミの学生たちが来場者を対象に「暮らしの中の支え合い調査」を行い、その集計結果は、フォーラムの最後で報告されました。

パネル展示

パネル展示

十文字学園女子大学学生による「暮らしの中の支え合い調査」

十文字学園女子大学学生