ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療 > 福祉 > 高齢者 > 市民向け講演会・地域医療講演会「誰もが安心して暮らせるまちをめざして~笑って楽しい認知症予防~」開催のおしらせ

市民向け講演会・地域医療講演会「誰もが安心して暮らせるまちをめざして~笑って楽しい認知症予防~」開催のおしらせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月2日更新

 現在、我が国における認知症の患者数は約462万人、また認知症の前段階にあり発症のおそれの高い、軽度認知機能障害(Mci)該当者は約400万人と言われており、65歳以上の約4人に1人が認知症若しくはその予備軍であると推計されています。

 症状の進行を阻止するためには、Mciの段階で認知機能の低下にいち早く気付き、予防対策を行うことが重要です。

 体を動かしながら笑って楽しく認知症予防をしませんか?

 また、自分や家族、周りの方が認知症になった時、介護が必要になった時にも、安心して住み慣れた地域で暮らしていけるまちをめざしてどのようなことができるのか考える機会としませんか? 

 講演会を開催しますので、ぜひご参加いただき、これからのご自身やご家族等の今後の生活のヒントとしてください。

講演会案内チラシ(申込み用紙) (別ウィンドウ・PDFファイル・1月25日MB)

認知症予防講演会・地域医療講演会「誰もが安心して暮らせるまちをめざして ~笑って楽しく認知症予防~」

対象

 新座市在住の65歳以上の方

日時

 平成30年8月7日 火曜日

 午後1時30分~3時30分(開場は午後1時~)

会場

 新座市民会館中ホール

定員

 250人(先着順)

内容

【第1部】 13時30分~13時40分

      「新座市の現状と今後について」

      介護保険課職員

【第2部】 13時40分~14時40分

      「脳にいいことしませんか!」 認知症予防の話、実演(脳を活性化するには)

      平沢 佳代子(東京体育機器株式会社所属 健康運動指導士)

【第3部】 14時50分~15時15分

      「地域包括ケア支援室の役割」

      宮崎 祐子(一般社団法人 朝霞地区医師会 地域包括ケア支援室 看護師兼主任介護支援専門員)

【第4部】 15時15分~15時30分

      「安心して暮らせるまちにいざをめざしてそれぞれができること」

      小島 美里(NPO法人暮らしネット・えん 新座市認知症地域支援推進員)

申込先

この事業の受付は東京体育機器株式会社に委託し、実施いたします。

電話もしくは、チラシ裏面にある専用申込書により、ファックスにて申込受付を行います。

【東京体育機器株式会社】

電話 03-3625-6831

Fax   03-3625-6802

(共に、月曜日から金曜日の9時~17時受付)

皆様の参加をお待ちしております。  

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)