ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 年金・税金 > 年金 > 国民年金 > 就職・退職したとき《国民年金の届出》

就職・退職したとき《国民年金の届出》

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月1日更新

就職したとき

 国民年金(第1号被保険者)に加入中の方が、厚生年金や共済組合に加入したときの手続は、新しい勤務先で行います。市役所へは、年金事務所から連絡がきますので、ご自身での手続は不要です。

届出先

勤務先 

手続に必要な書類

年金手帳等 ※届出先にお問い合わせください。

退職したとき

  退職等により、厚生年金や共済組合の資格を喪失したときは、国民年金第1号被保険者への加入手続が必要です。また、扶養している配偶者がいるときには、配偶者の第3号被保険者から第1号被保険者への変更手続も必要になります。 

 ※20歳未満の方、60歳以上の方は、国民年金への加入義務がありませんので手続不要です。
 ※退職と同時に第2号被保険者である配偶者の扶養に入るときは、配偶者の勤務先から第3号被保険者への該当届出を行いますので、市役所での手続は不要です。 

届出先

市役所本庁舎1階国民年金係窓口 

手続に必要な書類

  • 年金手帳または基礎年金番号がわかる書類
  • 認印
  • 退職日が確認できる書類(離職票、退職証明書、社会保険資格喪失証明書、雇用保険受給資格者証、退職辞令など)

     

補足(国民年金の種類)

  • 第1号被保険者/自営業者や学生など
  • 第2号被保険者/会社員、公務員(厚生年金や共済組合に加入している方)
  • 第3号被保険者/厚生年金や共済組合加入者(第2号被保険者)に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者
  • 任意加入被保険者/上記以外で希望して国民年金に加入した方