ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療 > 健康・医療 > 健康・健診 > インフルエンザが流行しています

インフルエンザが流行しています

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月22日更新

 11月に入ってからインフルエンザの患者数が、徐々に増加し、流行の兆しを見せています。

 全国ではすでに流行期に入っており、今後県内でも流行の拡大が予想されますので、手洗いやうがいの励行、マスクの着用による感染拡大防止にご協力をお願いします。

症状について

 インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気で、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状が突然現れます。
 また、普通の風邪と同じように、のどの痛みや鼻汁、咳などの症状も見られます。
 重症化すると、乳幼児では急性脳炎を、高齢者や免疫力が低下している方では肺炎を起こすこともあります。
 インフルエンザかな?と思ったら、早めに医療機関を受診しましょう。

予防するには

  1.  マスクの着用など咳エチケットを守りましょう。
  2.  外出から帰ったら、手洗いを十分に行いましょう。
  3.  室内を適度な湿度(50~60%)に保ちましょう。
  4.  十分な休養とバランスのとれた食事を心がけましょう。
  5.  人混みや繁華街への外出を控え、無理をして学校や職場へ行かないようにしましょう。 

 詳しくは、次のホームページをご覧ください。