ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療 > 健康・医療 > 健康・健診 > 成人を対象とした各種検診(健診)について

成人を対象とした各種検診(健診)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月25日更新

 生活習慣病などを予防するため対象年齢の市民の方に各種検診(健診)を実施しています。
 個別検診(直接、指定医療機関へ申込み受診する検診)及び集団検診(保健センター、大和田公民館、市民会館を会場とする検診)にて実施しています。

詳しくは、「平成28年度成人健康カレンダー」か「広報にいざ」(不定期)に掲載しています。

お知らせ

新座市では、各種がん検診(胃がん・肺がん・大腸がん・乳がん・子宮頸がん・前立腺がん)、成人歯科検診、30代のからだチェック及び骨粗しょう症検診につきまして、平成27年度に引き続き無料で実施します。

 対象者

検診日当日に新座市に住民登録されている対象年齢の方。

実施方法

個別検診と集団検診を実施しています。

詳しい実施方法については、下記をご覧ください。
それぞれの検診年度内に1回受診できます。

費用

各検診につき、無料で実施しています。
※重複受診や住民登録されていない方の受診は対象外となりますので、公費負担額を返金していただきます。

検診(健診)の項目について

成人検診一覧

検診名対象年齢検査内容実施方法
30代のからだチェック30~39歳問診・診察・体格測定・血圧測定・検尿集団
骨粗しょう症検診節目年齢
(40・45・50・55・60・65・70歳以降5歳きざみ、平成28年4月1日から平成29年4月1日に前記の年齢になる方)
問診・骨密度測定(手首のエックス線検査)集団

成人歯科検診

1)18歳以上
2)節目年齢(40・45・50・55・60・65・70歳以降5歳きざみ、平成28年4月1日から平成29年4月1日に前記の年齢になる方)

歯と歯周病の検診
はみがき指導
1)集団2)個別

胃がん検診

30歳以上1)問診・胃部エックス線検査
2)問診・胃部内視鏡検査
※1)又は2)のどちらか一方のみの受診となります。
1)個別/集団2)個別
大腸がん検診30歳以上問診・便潜血反応検査(2日法)個別/集団
肺がん(結核)検診30歳以上問診・胸部エックス線検査
※下記の該当者は喀痰検査が受診できます。
1.50歳以上で喫煙指数600以上の方(過去に喫煙していた方を含む。)
 喫煙指数=1日本数×年数
2.アスベスト等を取り扱う職場で働いたことがある方
個別/集団
乳がん検診30歳以上女性問診・視診・触診・エックス線検査(マンモグラフィ検査(30~39歳、50歳以上女性:1方向撮影・40~49歳女性:2方向撮影))個別/集団
子宮頸がん検診20歳以上女性問診・視診・触診・細胞診
※個別検診では、最近6か月以内に月経異常・不正出血等の症状がある方のみ子宮体部の検査も同時に実施できます。
個別/集団
前立腺がん検診55歳以上男性問診・血液検査(Psa(前立腺特異抗原)検査)個別/集団
肝炎ウイルス検診40歳の方、過去に肝炎ウイルスの検診を受けたことがない方問診・血液検査(HCV抗体検査・Hbs抗原検査)個別

各検診の詳細につきましては、表の検診名をクリックしてください。

注意事項

  • それぞれの検診は年度内に、個別検診・集団検診いずれか1回のみ無料で受診できます。同じ検診を年度内に2回以上受診した場合は公費負担分を返金していただきますのでご注意ください。また、受診日当日に新座市に住民登録がないことが判明した場合も公費負担分を返金していただきます。
  • 何らかの自覚症状がある場合は、検診ではなく速やかに医療機関で必要な診療を受けてください。(この場合は、保険診療です。)
  • 同疾患で治療中又は経過観察中の方は受けられません。なお、問診の結果、対象年齢であっても検診が受けられない場合があります。
  • 検診後の医療行為、再検査、精密検査等に係る費用は自己負担(保険診療)となります。
  • 事業所(会社・勤め先)等が同検(健)診を行っている場合は、事業所の検(健)診を優先し、受診してください。