ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療 > 健康・医療 > 健康・健診 > 30代のからだチェック・骨粗しょう症検診・肝炎ウイルス検査について

30代のからだチェック・骨粗しょう症検診・肝炎ウイルス検査について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月25日更新

30代のからだチェック・骨粗しょう症検診・肝炎ウイルス検査を実施しています。

  1. 30代のからだチェック
  2. 骨粗しょう症健診
  3. 肝炎ウイルス検診 

30代のからだチェック

対象者

  • 受診日当日に新座市に住民登録がある30歳から39歳までの方

内容

  • 問診
  • 診察 
  • 体格測定
  • 血圧測定
  • 血液検査
  • 検尿

費用負担額

  • 無料

実施方法

注意事項

  • 受診日の前日から飲食制限があります。

骨粗しょう症検診

対象者

  • 受診日当日に新座市に住民登録があり平成31年4月2日から翌年4月1日までに、40・45・50・55・60・65・70歳以降5歳きざみの節目年齢になる女性の方で、骨粗しょう検診以外の検診を1つ以上する方。

内容

  • 骨密度測定(手首のエックス線検査)

費用負担額

  • 無料

実施方法

注意事項

  • 妊娠中の方は受診できません。

肝炎ウイルス検診

対象者

  • 新座市に住民登録がある方のうち、今年度満40歳になる方、以前に肝炎ウイルス検診の受診の機会をのがした41歳以上の方
    ※過去に肝炎ウイルス検診を受けたことがある方は受けられません。
     (市の検診の機会は、生涯に1回となります。)

内容

  • 問診
  • 血液検査(HCV抗体検査、Hbs抗原検査)

費用負担額

  • 無料

実施方法