ページの先頭です。
トップページ > 組織でさがす > 保健センター > 早期不妊検査費・不育症検査費助成事業のご案内

早期不妊検査費・不育症検査費助成事業のご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月11日更新

新座市早期不妊検査費・不育症検査費助成事業について

新座市では平成29年度から不妊症の検査を行った方に対しての助成を行っています。

平成30年度からは、新たに不育症の検査を行った方に対しての助成も開始しました。

リーフレット (別ウィンドウ・PDFファイル・275KB)

対象となる方

次のいずれにも該当している方が対象となります

  • 申請時に法律上の婚姻をしている夫婦であること
  • ご夫婦の双方又は一方が新座市に住民登録があること
  • 不妊検査開始時に妻の年齢が43歳未満のご夫婦
  • 不育症検査については、2回以上の流産、死産、あるいは、早期新生児死亡の既往がある方、又は医師が不育症と判断した方

助成対象医療機関

指定医療機関※1又は埼玉県ホームページ掲載の不妊検査助成対象医療機関※2において実施した検査。

不育症検査については、上記医療機関のうち不育症の検査に対応している医療機関。

 

※1指定医療機関:特定不妊治療費助成事業で知事等が指定する医療機関https://www.pref.saitama.lg.jp/a0704/boshi/funinchiryo.html

全国の指定医療機関一覧はこちらから

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000047346.html

 

※2埼玉県ホームページ掲載の不妊検査助成対象医療機関

(こうのとり健診推進事業および不育症検査費助成事業助成対象医療機関)https://www.pref.saitama.lg.jp/a0704/boshi/funinchiryo.html

助成対象検査

・医師が不妊症又は不育症の検査と認めた検査。(保険内外両方対象)

・夫婦の検査開始日の早い方から1年以内の検査。

・不妊検査については、ご夫婦が共に受けた検査。

・不育症検査については、妻のみが受けた検査も対象となります。

助成の内容

不妊検査・不育症検査それぞれにつき2万円(1,000円未満の端数は切り捨て)

助成回数は、ご夫婦1組につき不妊検査及び不育症検査それぞれ1回まで。

申請書類

保健センター窓口にて配布又はホームページからダウンロード可能。

郵送でも申請を受け付けますが、領収書原本をお送りください。後日、返送致します。また、郵送で申請された方は、書類不備があった場合、決定に時間を要することもありますのでご了承ください。

必要書類

1 新座市早期不妊検査費・不育症検査費助成申請書

新座市早期不妊検査費・不育症検査費助成申請書・記入例 (別ウィンドウ・PDFファイル・65KB)

2 新座市早期不妊検査実施証明書(該当する場合)

新座市早期不妊検査実施証明書・記入例 (別ウィンドウ・PDFファイル・173KB)

3 新座市不育症検査実施証明書(該当する場合)

新座市不育症検査実施証明書・記入例 (別ウィンドウ・PDFファイル・132KB)

4 領収書(原本)

5 普通預金通帳(写し可)

6 印鑑(シャチハタ不可)

  ※窓口来所にて申請される場合

申請期限

検査が終了した日の属する年度末までに申請してください。

※2月1日から3月31日までの間に検査が終了した場合に限り、同年5月31日までの申請を受け付けます。

手続きの詳細については、ご不明な点は保健センターにお問い合わせください。

不妊治療・不育症に関する埼玉県の相談窓口について

県では、専門医による不妊や不育症に関する検査や治療などの医学的な相談(面接相談・予約制)や、助産師による妊娠・不妊・不育症に関する電話相談を行っています。

詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

http://www.pref.saitama.lg.jp/a0704/boshi/sodan.html

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)