ページの先頭です。
トップページ > 組織でさがす > 道路課 > 社会資本整備総合交付金事業「都市再生整備計画(石神地区)」の事後評価結果について

社会資本整備総合交付金事業「都市再生整備計画(石神地区)」の事後評価結果について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月30日更新

社会資本整備総合交付金事業「都市再生整備計画(石神地区)」の事後評価結果について

 社会資本整備総合交付金事業「都市再生整備計画(石神地区)」の事後評価結果を公表します

■ 社会資本整備総合交付金事業について

 「社会資本整備総合交付金(旧まちづくり交付金)」は、国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金を一つの交付金に原則一括し、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として平成22年度に創設されたものです。

■ 都市計画道路東久留米・志木線整備事業について

 市では、継続して平成21年度から国土交通省の事業採択を受け、「石神地区」において、「社会資本整備総合交付金(旧まちづくり交付金)」を活用して、都市計画道路東久留米・志木線整備事業に取り組んできました。
 事業期間は平成21年度から平成25年度までの5か年で、昨年度終了いたしました。

■ 事後評価について

 社会資本整備総合交付金事業では、事業実施前の計画段階で目標となる数値指標を設定し、事業終了後に事後評価を行い達成状況等の確認、今後のまちづくり方策を作成することとなっております。
 市では、平成27年2月6日から2月20日まで事後評価の原案を公表し、その後、学識経験者による「新座市社会資本総合整備計画評価委員会」における審議を経て、事後評価結果をまとめましたので、公表いたします。
 下記のPDFファイルをご覧ください。
 なお、事後評価結果は、道路課 東久留米志木線推進室の窓口でもご覧いただけます。

■ 問合せ先

都市整備部道路課 東久留米志木線推進室
電話048-477-1111 内線1617

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)