ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 地域・暮らし > 上下水道 > 下水道 > 平成30年度下半期下水道事業特別会計の財政事情を公表します

平成30年度下半期下水道事業特別会計の財政事情を公表します

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月3日更新

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第243条の3第1項の規定により、平成30年度新座市下水道事業特別会計の下半期(平成30年10月1日から平成31年3月31日まで)の財政事情を次のとおり公表します。

 1  下半期の概況

 下半期の財政運営は、上半期までの予算総額42億1,129万1,000円に対し3回の予算補正を行い、2,583万6,000円を減額し、総額を41億8,545万5,000円としています。

 2  収入及び支出の概況

(1)収入の概況

 下半期の収入済額は12億2,065万1,611円で、これに上半期の収入済額を加えた収入合計額は、27億4,330万5,240円となり、予算現額に対して65.5%の収入割合となっています。

(2)支出の概況

 下半期の支出済額は、16億1,817万1,640円で、これに上半期の支出済額を加えた支出合計額は、31億816万2,112円となり、予算現額に対して74.3%の支出割合となっています。

 3  市債の概況

 平成31年3月31日現在の市債の未償還元金は、133億3,655万3,736円で、前年同期と比較すると、9億7,949万5,136円(6.8%)減少しています。

 4  下半期の財政状況 (別ウィンドウ・PDFファイル・46KB)

  (1)予算に対する収入及び支出の状況
  (2)財産の現在高
  (3)市債の現在高

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)