ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 学校・教育 > 小・中学校 > 指定校変更・区域外就学について

指定校変更・区域外就学について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月1日更新

指定校変更・区域外就学の取扱いについて

 新座市教育委員会では、就学児童・生徒の住民登録地により、就学すべき学校を指定していますが、学校教育法施行規則第33条に基づき、小・中学校を変更することができる場合の要件及び手続に関し必要な事項を下記のとおり定めました。詳細については、学務課までお問い合わせください。


(注釈1)指定校変更とは、新座市内に住所を有する児童・生徒が、新座市教育委員会の承認を得て指定校以外の新座市立小・中学校に就学することです。


(注釈2)区域外就学とは、新座市外に住所を有する児童・生徒が、新座市教育委員会の承認を得て新座市立小・中学校に就学することです。


 記

 ※登下校については、保護者の責任において対応していただくことになります。原則、小学校は保護者による送迎が可能な場合、中学校は徒歩又は公共交通機関での通学が可能な場合に限ります。

留守家庭を申請理由とする場合

 留守家庭を申請理由とする場合に必要な添付書類は次のとおりです。

学校規模適正化を申請理由とする場合

  現在、承認基準となる大規模化が懸念される学校は、大和田小学校です。大和田小学校の学区に住所を有し、隣接する学区の学校を希望する場合は、学務課までお問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)