ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 学校・教育 > 小・中学校 > 学生ボランティアを募集しています

学生ボランティアを募集しています

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年11月22日更新
集団不適応や不登校にある児童生徒の心のケアと人間関係作りのスキルを身につけることを目指した活動を行うため、身近なお兄さん・お姉さん的存在の大学生をボランティアとして市立小・中学校に派遣しています。興味のある方は是非ご応募ください。

学生ボランティア「ピアサポーター」とは

ピアとは仲間・同士という意味。ピアサポートとは仲間同士の助け合いのことです。

  • 不登校や集団不適応児童生徒への支援のために、大学生・大学院生が「身近なお兄さん・お姉さん的な存在」として、児童生徒の心のケアや学習面の補助、人間関係作りのスキル獲得のためのサポートを行います。
  • ピアサポーター活動は、子どもと直接ふれあい、学校の先生方と連携をしながら子どもの心理的発達の支援を行うものです。将来、心理・教育・養護等の領域で子どもと関わりたいと考えている人にとっては、とても貴重な体験となるでしょう。
  • 毎年多くの応募があり、100人程度の学生が活動を行っています。
  • 給食を一緒に食べたり、バスで通ったりすることもあることから、活動費用として1日1000円の謝礼金をお支払いします。
  • 詳しくはこちらをご覧ください。リーフレット (別ウィンドウ・PDFファイル・177KB)

ピアサポーターの活動内容

学校によってさまざまですが、主に次のようなことを行います。

  • 教室で、クラスの子どもたちと触れ合ったり、特定の児童生徒の個別対応をしたりします。
  • 相談室や別室で、児童生徒と話をしたり、個別の学習面の支援を行います。
  • ふれあいルーム(新座市教育相談室に併設されている適応指導教室)で活動する場合は、体験活動の支援をしたり遠足などの行事に参加したりする場合もあります。

学校で活動するまでの流れ

1 志願調書を提出します。

2 事前研修を受けます。

  • 新座市教育相談室で約1時間程度の事前研修を受けていただきます。研修日については、担当者が電話で希望日を確認します。※大学等の説明会に参加した場合は、事前研修は免除されます。

3 活動場所・活動開始日が決定されます。

  • ピアサポータの派遣要請があった小・中学校に順次派遣しています。活動開始日等は電話でお知らせします。

4 活動を開始します。

  • 活動初日は、担当の教員と打ち合わせを行います。支援の方法や配慮事項を確認してから活動します。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)