ページの先頭です。
トップページ > 組織でさがす > 大和田二・三丁目地区土地区画整理事務所 > 産業系企業誘致について【※募集は終了しています。】

産業系企業誘致について【※募集は終了しています。】

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月8日更新

産業系企業誘致について

 本地区では、土地区画整理事業実施後に確実に土地利用が図られるよう、事業認可前から企業誘致を行なってきました。

 平成24年7月20日に、市ホームページにおいて本地区に立地を検討していただける産業系企業に情報交換を呼びかけたところ、「工業系」、「商業系」合わせて10数社の企業から問い合わせがありました。

 本地区では、土地区画整理事業に合わせて地区中央部に企業用地として、約14ヘクタールの土地を集約する計画です。情報交換の内容を踏まえて道路形や土地形状、地権者の方の意向などを踏まえて、都市計画道路を挟んで北側の約10ヘクタールは「工業系」、南側の約4ヘクタールは「商業系」企業の立地とする方針としました。

企業用地位置図 (別ウィンドウ・PDFファイル・834KB)

 工業系企業

 平成25年7月に、土地区画整理事業実施後の土地利用を確実に推進するため、工業系企業の誘致を実現してもらう者として「企業誘致支援者」を公募型プロポーザル方式にて募集したところ、7団体からの応募がありました。

 選定については、市条例に基づいて設置した「新座市(仮称)大和田二・三丁目地区土地区画整理事業企業誘致支援者選定審査会」が行ないました。学識経験者等の各委員がそれぞれの立場で、「業務の確実性」、「進出企業案」、「創意工夫案」の項目について、提案書及びヒアリングにより審査した結果、総合的に優れた者として、清水建設株式会社が優先交渉権者に選ばれました。

募集要項(企業誘致支援者) (別ウィンドウ・PDFファイル・1.32MB)

審査会の概要 (別ウィンドウ・PDFファイル・97KB)

 その後、企業立地を進める上での市との役割分担等について、同社と調整し、同年12月末に、正式に同社を「企業誘致支援者」として決定しました。

商業系企業

  平成25年12月に、雇用の創出や地域活性化を図るため、商業施設を立地する者として「商業施設立地事業者」を公募型プロポーザル方式で募集したところ、5団体から応募がありました。

 選定については、市条例に基づいて設置した「新座市(仮称)大和田二・三丁目地区土地区画整理事業商業施設立地事業者選定審査会」が行ないました。学識経験者等の各委員がそれぞれの立場で、「提案趣意」、「進出企業案」、「施設立地に係る調整」の項目について、提案書及びヒアリングにより審査した結果、総合的に優れた者として、株式会社カインズが内定者に選ばれました。

募集要項(商業施設立地事業者) (別ウィンドウ・PDFファイル・1月29日MB)

審査会の概要 (別ウィンドウ・PDFファイル・94KB)

現在の状況

 平成28年9月5日に正式に事業が始まったことから、土地利用開始可能となるまでのスケジュールを踏まえ、上記の2者と協力しながら、企業立地を図っていきます。

 なお、今後本地区での企業用地については、事業における保留地の売却を一部予定しておりますが、具体的な位置、規模等は決定しておりません。保留地に関する募集については、決まり次第お知らせします(平成28年10月以降となります。)。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)