ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 市政情報・観光 > 歴史・文化 > 歴史 > 歴民に咲き誇る花たち(2018年秋・2019年冬)

歴民に咲き誇る花たち(2018年秋・2019年冬)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月3日更新

3月の園庭から・桜の開花状況

こちらでは、当館の桜(通称:「歴民桜」)の開花状況もお知らせします。

当館の桜が開花し始めました。(3月27日現在)

桜の写真
桜の開花状況(平成31年3月27日撮影)

 

また、ハナモモも咲いています。

ハナモモの写真 ハナモモの写真 その2
             ハナモモの開花状況(平成31年3月22日撮影)

 

暖かくなるとともに、次々と花が咲き始め、毎日楽しませてくれます。

コブシの写真(市の花でもあります) スズランスイセンの写真
市の花でもあるコブシ(平成31年3月24日撮影)   スズランスイセン(平成31年3月24日撮影)

 

ムスカリの写真 ヒメリュウキンカの写真
ムスカリ(平成31年3月22日撮影)           ヒメリュウキンカ(平成31年3月22日撮影)

 

ヒトリシズカ ボケの花の写真
ヒトリシズカ(平成31年3月22日撮影)         ボケ(平成31年3月22日撮影)

 

向春の園庭から

園庭の花々が少しずつ咲き始めました。

春が近いことを感じます。

福寿草の写真 ボケの写真
福寿草(平成31年2月26日撮影)             ボケ(平成31年2月26日撮影)

 

ツルニチニチソウの写真 椿(乙女)の写真
ツルニチニチソウ(平成31年2月27日撮影)     乙女椿(平成31年2月26日撮影)

オオキバナカタバミ(オキザリス・ペスカプラエ). ヒマラヤユキノシタの写真
オオキバナカタバミ(オキザリス・ペスカプラエ)    ヒマラヤユキノシタ(平成31年3月6日撮影)
(平成31年2月26日撮影)

クリスマスローズの写真
クリスマスローズの写真(平成31年3月6日撮影)

 

 1月の園庭から

ボケの花の蕾がふくらみ、数輪咲き始めました。

ボケの花は、春を招くことから縁起のよい花といわれています。

ボケの花の写真
ボケの花(平成31年1月20日撮影)

 

 12月の園庭から

日に日に寒さが厳しくなってまいりました。

園庭を賑わわせていた植物も冬を迎えて、静寂な時間が流れます。

寒空に力強く枝を伸ばす冬木立や、枯れ野に可憐に咲く花に目が留まります。

水仙の花の写真 その2 水仙の写真
水仙(平成30年12月22日撮影)             水仙(平成30年12月14日撮影)           

 

冬木立の写真 シュウメイギクの綿毛の写真
冬木立(平成30年12月22日撮影)           シュウメイギクの綿毛(平成30年12月22日撮影)

 

お正月の縁起物として飾られるものも園庭でみることができます。

 

万両の写真 南天の実の写真
万両の実(平成30年12月14日撮影)             南天の実(平成30年12月22日撮影)

 

秋本番 玄関前に菊飾り

エントランスの菊の写真
皆様のお越しをお待ちしています(平成30年10月28日撮影)

 

菊(国華の朝) 菊(泉郷汽笛)の写真
キク(国華の朝)(平成30年10月28日撮影)      キク(泉郷汽笛)(平成30年10月28日撮影)

 

 

  10月の園庭から

ノコンギクの写真 
ノコンギク(平成30年10月27日撮影)

 山野にごくふつうに見られる多年草。
8~11月に茎の先に花をつける。和名は野に生える紺菊の意味。
[花期]8~11月 [分布]本州~九州

 

トレニア(ナツスミレ)の写真
トレニア(平成30年10月27日撮影)

 花形がスミレに似ているためナツスミレとも呼ばれる。
秋には葉が紅葉する。

[花期]8~10月 [原産]熱帯アジア、アフリカ

 

クコの写真
クコ(平成30年10月27日撮影)

 高さ1〜2mになる。短枝の葉腋に淡紫色の花が1〜3個つく。
果実は楕円形で、晩夏から初冬にかけて赤く熟す。
[花期]7~11月 [分布]北海道~沖縄

 

シュウメイギクの写真
シュウメイギク(平成30年10月23日撮影)

 中国から渡来したアネモネの仲間で草丈50~120cm。花径5~7cmで花色は紅紫色、白、ピンクなど。
花弁のように見えるのは、がく片で、20枚以上あるので八重咲きに見える。 多年草。半日影の湿潤な場所を好む。
[花期]9~11月 [分布]全国

 

ホトトギスの写真 ホトトギスの写真 その2
ホトトギス(平成30年10月23日撮影)

 花に紫色の斑点があり、それがホトトギスの胸の模様にいていることが由来。
葉のわきに2~3輪ずつ上向きに花を開く。冬季は葉を落とし休眠し春に芽を伸ばして成長し、大半は秋に開花する多年草。
[花期]9~10月 [原産]日本、台湾