ページの先頭です。

新座市公共施設等総合管理計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月30日更新

 本市の公共施設等の多くは整備後30年以上が経過し、近い将来には更新が集中する時期が訪れると見込まれています。また、今後は少子高齢化による人口構成の変化などに伴う公共施設等の利用需要の変化も見込まれることから、市の財政状況も考慮しながら、公共施設等の在り方について総合的に検討することが求められています。
 そこで、本市が所有する全ての公共建築物及び道路や橋りょうなどのインフラ資産の更新・統廃合・長寿命化などの計画的な実施と、それに伴う財政負担の軽減・平準化に向けて、適正な「アセットマネジメント(資産管理)」を推進していくため、平成28年度からの30年間にわたる公共施設等の管理に関する基本的な方針を定めた「新座市公共施設等総合管理計画」を策定しました。

新座市公共施設等総合管理計画 

一括ダウンロード

新座市公共施設等総合管理計画 (別ウィンドウ・PDFファイル・1.95MB)

新座市公共施設等総合管理計画【概要版】 (別ウィンドウ・PDFファイル・586KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)