ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 妊婦・子ども > 子育て支援 > 福祉・健康に関する計画 > 第1次新座市子ども・子育て支援事業計画(平成27年度~令和元年度)

第1次新座市子ども・子育て支援事業計画(平成27年度~令和元年度)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月25日更新

第1次新座市子ども・子育て支援事業計画の中間見直しについて

 本市では、平成27年度から平成31年度までを計画期間とする「新座市子ども・子育て支援事業計画」を策定し、子育て支援施策を推進しています。    
 しかしながら、当初の見込みを上回る保育需要の高まりなどから、計画の一部についてかい離が発生したため、計画期間の中間年である平成29年度に見直しを行いました。

新座市子ども・子育て支援事業計画(見直し版) (別ウィンドウ・PDFファイル・3.93MB)

新旧対照表 (別ウィンドウ・PDFファイル・692KB)

第1次新座市子ども・子育て支援事業計画(見直し案)に対する意見募集について

新座市子ども・子育て支援事業計画(見直し案)に係る意見募集を実施しました。
154件(71人)の御意見をいただきました。ありがとうございました。

意見募集期間 平成29年9月11日(月曜日)から平成29年9月26日(火曜日)まで

提出意見の概要及び市の考え方 (別ウィンドウ・PDFファイル・141KB)

 

新座市子ども・子育て支援事業計画とは

 本市では、これまで次世代育成支援対策推進法に基づき、計画策定先行市として他の自治体に先駆け、平成16年に「新座市次世代育成支援行動計画前期計画」を策定しました。平成22年には同計画の「後期計画」を策定し、「子どもが 親が 地域が育つ 子育て応援都市にいざ」を基本理念に掲げて、子育てのしやすいまちづくりを目指してきました。
 平成24年8月に待機児童解消等による子育てしやすい社会や人格形成を培う重要な時期に質の高い幼児教育・保育を提供するという、更なる子育て支援施策の充実を図るため、「子ども・子育て関連3法」が制定され、平成27年度からは、同法に基づく新制度の教育・保育サービスが提供されます。
 平成27年度4月からの子ども・子育て支援新制度開始に当たり、「新座市次世代育成支援行動計画」を引継ぎ、これまで推進してきた子育て支援施策を、さらに総合的・計画的に推進するため、平成27年度から平成31年度までを計画期間とする「新座市子ども・子育て支援事業計画」を策定しました。

新座市子ども・子育て支援事業計画(平成27年度~平成31年度) (別ウィンドウ・PDFファイル・2.52MB)

【概要版】新座市子ども・子育て支援事業計画(平成27年度~平成31年度)  (別ウィンドウ・PDFファイル・2.06MB) 

 

新座市子ども・子育て支援事業計画市民意見交換会 会議録

 子ども・子育て支援新制度及び子ども・子育て支援事業計画(素案)に関して、意見交換会を行いました。

 会議録はこちら

 

子ども・子育て支援新制度について

 平成24年8月に子ども・子育て関連3法が成立し、「子ども・子育て支援新制度(以下、新制度)」が平成27年度に施行されました。
 新制度は幼児期の学校教育・保育や地域の子ども・子育て支援を総合的に進めていく新しい仕組みです。

 子ども・子育て支援新制度について、詳細はこちら

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)