ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 市政情報・観光 > 市政運営 > 市の計画 > 基本的な計画 > 第4次新座市基本構想総合振興計画前期基本計画の実績報告書を公開しています

第4次新座市基本構想総合振興計画前期基本計画の実績報告書を公開しています

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月13日更新

 市では、平成23年度から平成32年度までを計画期間とする第4次新座市基本構想総合振興計画に基づき、市政を運営しております。
 第4次新座市基本構想総合振興計画前期基本計画は、基本構想で示した施策の方向を踏まえ、平成23年度からの5か年で実施する事業を具体的に位置付けた計画であり、市では、この計画に基づき、基本構想で掲げた「連帯と協働によるまちづくり」、「観光都市にいざづくり」、「新たな視点による都市づくり」の三つの重点戦略を具体的に展開する事業を中心に、様々な事業を実施してまいりました。
 しかしながら、この計画の策定直後に発生した東日本大震災の影響やその他の社会情勢の変化等に伴い、新たな課題や懸案が生じていることから、これらを踏まえて新規の事業を位置付けるとともに、既存の事業についても緊急性等を考慮して前倒し又は先送り等を実施するなど、今後の財政見通しを見据える中で計画の見直しを行いました。
 加えて
、日本経済再生に向けた緊急経済対策として国が措置した平成24年度の大型補正予算等を積極的に活用し、平成25年度以降に実施を予定していた小中学校の施設改修や防災関連事業などの緊急性の高い事業を前倒しして実施することとしたため、こうした点も踏まえて計画の見直しを行いました。

前期基本計画の実績報告書を公開しています

前期基本計画の推進期間が平成27年度をもって終了したことから、同計画に位置付けた「計画期間中に特に力を入れて取り組む施策」の17項目について、5年間の推進状況や成果を「第4次新座市基本構想総合振興計画前期基本計画実績報告書」としてまとめました。
この結果を踏まえ、平成28年度から平成31年度までを推進期間とする後期基本計画に各事業を位置付け、引き続き第4次基本構想を推進してまいります。

第4次新座市基本構想総合振興計画前期基本計画実績報告書 (別ウィンドウ・PDFファイル・4.63MB)

第4次新座市基本構想総合振興計画前期基本計画(見直し) 

 

一括ダウンロード

第4次新座市基本構想総合振興計画前期基本計画(見直し) (別ウィンドウ・PDFファイル・10.25MB)

【参考】 第4次新座市基本構想総合振興計画前期基本計画 (別ウィンドウ・PDFファイル・3.08MB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)