ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 市政情報・観光 > 市政運営 > 市の計画 > 基本的な計画 > 第4次新座市基本構想総合振興計画後期基本計画(見直し)

第4次新座市基本構想総合振興計画後期基本計画(見直し)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月26日更新

 市では、平成23年度から平成32年度までを計画期間とする第4次新座市基本構想総合振興計画(以下「基本構想」という。)に基づき、市政を運営しています。
 この後期基本計画は、基本構想に位置付けた将来都市像の実現に向けて、平成28年度からの5か年で実施する事業を具体的に位置付けた計画です。
 この度、本計画策定以降の社会経済情勢の変化等に伴い、新たな課題や懸案が生じていることから、これらに対応する事業を新たに位置付けるため、見直しを行いました。
 また、今後の市民需要の変化に責任ある対応を行うためにも、現下の厳しい財政状況を打開するため、新座市財政健全化方針を策定し、財政の立て直しに向けた取組を進めていくこととしました。これを受け、既に本計画に位置付けている事業についても、休止や先送り等の見直しを行いました。
 今後は、本計画に基づき、新座のブランド力や行政サービスの更なる向上を図りながら、あらゆる世代の皆様にとって“みらい”に希望が持てるよう市政を推進します。

第4次新座市基本構想総合振興計画後期基本計画(見直し)

一括ダウンロード

第4次新座市基本構想総合振興計画後期基本計画(見直し) (別ウィンドウ・PDFファイル・5.51MB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)