ページの先頭です。
トップページ > 記者発表資料はこちらからご覧いただけます > 【記者発表資料】東京2020大会に向けて「スポーツ義足体験授業」を実施

【記者発表資料】東京2020大会に向けて「スポーツ義足体験授業」を実施

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月7日更新

日時

平成30年2月16日(金曜日)、午前10時40分~午後0時25分

場所

市立新堀小学校

主催・関係者

新堀小学校、株式会社LIXIL

目的・趣旨

 新座市で東京2020オリンピック・パラリンピックの射撃競技が開催されることに鑑み、市内小・中学校においてオリンピック・パラリンピック教育を積極的に展開している。
その一環として、同大会のゴールドパートナーである「株式会社LIXIL(リクシル)」が東京2020公認教育プログラムとして実施する「ユニバーサル・ラン スポーツ義足体験授業」を行うことにより、子どもたちに多様性を尊重する社会の実現に向けた心の在り方を伝えるものである。

内容(事業内容など)

対象学年

第5学年 2学級(60名)

実施内容

パラアスリートとともに義足体験(実技)を行う。

指導者

パラリンピック 日本代表/ 鈴木 徹 選手
 日本初の義足の走り高跳び代表選手として、2000年シドニーパラリンピックに出場して以後5大会連続入賞。2017年、世界パラ陸上競技選手権大会で銅メダルを獲得。アジア記録、日本記録を樹立、世界で2人目となる2m00を跳んだ。

経緯・経過

 東京2020ゴールドパートナーである株式会社LIXILの実施する同事業が、本市のオリンピックに向けた取組基本方針の「スポーツ・文化芸術・教育の振興」及び「多様性を尊重する共生社会の形成」に寄与することから、市内小・中学校での実施を進めていくこととした。
 今年度は池田、新開、栄、野火止、新堀の5小学校で実施し、新堀小学校は今年度最終の実施校となる。

連絡先

学校に関すること

市立新堀小学校(☎042-493-7551)

オリンピック・パラリンピックに関すること

オリンピック・パラリンピック推進室(☎048-424-4687)