ページの先頭です。
トップページ > 記者発表資料はこちらからご覧いただけます > 【記者発表資料】市内初!新座中学校で「JOCオリンピック教室」を開催します

【記者発表資料】市内初!新座中学校で「JOCオリンピック教室」を開催します

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月4日更新

日時

平成30年12月11日(火曜日)、12日(水曜日)

場所

新座市立新座中学校体育館・各教室

主催・関係者

主催=公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)
協力=新座市、新座市教育委員会、公益財団法人JKA
後援=スポーツ庁

目的・趣旨

JOCがオリンピック・ムーブメントの普及・啓発活動の一環として実施している。
オリンピック出場経験のあるアスリートが教師役となり、オリンピアン自身の経験を通して「オリンピズム」・「オリンピックの価値」などを伝えると共に、この価値がオリンピアンだけのものではなく多くの人々が共有し日常生活にも活かすことが出来るものであること学習する授業です。
市内の中学校で初めての開催です。

内容(事業内容など)

対象学年

第2学年(5クラス、175名)

オリンピアン先生

  • 勅使河原郁恵(スケート・ショートトラック)
  • 黒須成美(近代五種)
  • 中山英子(スケルトン)

取材について

運動の時間は授業に支障のない範囲であれば、自由に撮影できます。座学の時間は生徒及びオリンピアンが集中できる環境を保つため動画撮影の希望がある場合には、教室後方から授業冒頭のみの撮影となります。フラッシュなどを使用しての撮影はご遠慮ください。

連絡先

学校に関すること=市立新座中学校(電話:048‐478‐3668)
オリンピック・パラリンピックに関すること=オリンピック・パラリンピック推進室(電話:048‐424‐4687)