ページの先頭です。
トップページ > 記者発表資料はこちらからご覧いただけます > 【記者発表資料】新座市立小学校全校で、日本サッカー協会と協力し、アスリート等を招いた「夢の教室」を実施します。(令和元年11月・12月開催分)

【記者発表資料】新座市立小学校全校で、日本サッカー協会と協力し、アスリート等を招いた「夢の教室」を実施します。(令和元年11月・12月開催分)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月8日更新

日時

【夢の教室(7校)】

(1)陣屋小学校:令和元年11月13日(水曜日)

(2)栄小学校:同年11月27日(水曜日)

(3)東北小学校:同年12月10日(火曜日)、12月11日(水曜日)

(4)池田小学校:同年12月13日(金曜日)

(5)新座小学校:同年12月13日(金曜日)

(6)大和田小学校:同年12月17日(火曜日)、12月18日(水曜日)

(7)新開小学校:同年12月20日(金曜日)

場所

(1)新座市立陣屋小学校(新座市野火止1-18-20)

(2)新座市立栄小学校(新座市新塚1-1-1)

(3)新座市立東北小学校(新座市北野3-1-1)

(4)新座市立池田小学校(新座市池田4-8-49)

(5)新座市立新座小学校(新座市新座3-4-1)

(6)新座市立大和田小学校(新座市大和田1-1-30)

(7)新座市立新開小学校(新座市大和田1-22-10)

※各学校の体育館及び教室で実施

主催

新座市教育委員会(生涯学習スポーツ課)、オリンピック・パラリンピック推進室、公益財団法人日本サッカー協会

内容

【夢の教室 各学校の夢先生】

(1)荒田雅人さん(元プロサッカー選手)

※その他の夢先生は決定次第、市HPで公開します。

<取材方法>

別紙の取材申請書を新座市教育委員会生涯学習スポーツ課宛てにFAXで送信してください(FAX:048-458-0791)。

<備考>

・取材者多数の場合、教室のスペース等の関係から授業の取材を制限させていただく場合があることを御了承ください。

・当日は、授業開始の10分前までに職員室へお越しください。受付・確認をし、プレスシールをお渡しします。

・当日の混乱を避けるため、事前の告知を行わないようお願いします。

目的経緯

新座市で東京2020オリンピック・パラリンピックの射撃競技が開催されることに伴い、市内小・中学校においてオリンピック・パラリンピック教育を積極的に展開しています。

その一環として、昨年度より、新座市立小学校全校(17校)で『JFAこころのプロジェクト「夢の教室」』を実施しています。

『JFAこころのプロジェクト』は、「子どもたちの心身の成長に寄与したい」という主旨で日本サッカー協会が2006年2月に立ち上げたプロジェクトです。2007年4月より「夢の教室」をスタートしました。このプロジェクトは、元日本代表選手、現役のJリーグ、なでしこリーグ、JFL、Fリーグの選手、およびそのOB/OG、他競技のスポーツ選手の現役とOB/OGや、スポーツ界以外の様々な方の協力を得て、彼らを「夢先生」として小学校や中学校へ派遣し、「夢の教室」と呼ばれる授業を行います。授業では、夢を持つことの素晴らしさやそれに向かって努力することの大切さなどを子どもたちに伝えるとともに、仲間と協力することの大切さや助け合うことの重要性を伝えています。

※詳細はJFA公式HPをご参照ください。

http://www.jfa.jp/social_action_programme/yumesen/

連絡先

生涯学習スポーツ課(048-424-5362)