ページの先頭です。
トップページ > 記者発表資料はこちらからご覧いただけます > 【記者発表資料】生涯学習センターギャラリー芸術展 ブラジル写真展~新座で結ぼう世界の絆~を開催します(12月19日~26日) 同時開催:ブラジルホストタウン講演会(12月21日)

【記者発表資料】生涯学習センターギャラリー芸術展 ブラジル写真展~新座で結ぼう世界の絆~を開催します(12月19日~26日) 同時開催:ブラジルホストタウン講演会(12月21日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月5日更新

日時

令和元年12月19日(木曜日)、午前10時~
12月26日(木曜日)、午後7時
※12月23日(月曜日)休館日

場所

にいざほっとぷらざ 3階 ギャラリー1・2

主催

新座市

内容

新座市のホストタウン相手国「ブラジル」を知っていただくため、ブラジルに関連したパネルや楽器などを展示する写真展を開催します。第二中学校生徒による学習成果も展示予定です。

1 ブラジルと新座をつなごう!
これまで市内で行われたブラジル選手団との交流の写真などを展示します(新座市作成)。
枚数:20枚

2 ブラジルを知ろう!
ブラジルの観光や日本人移住に関するパネルを展示します。
協力:一般財団法人日伯協会
枚数:33枚

3 県内のホストタウン紹介パネル
東京2020大会に向けてホストタウン登録された県内自治体と相手国を紹介するパネルを展示します。
協力:埼玉県オリンピック・パラリンピック課
枚数:14枚

4 ブラジルの発見(第二中学校生徒による学習成果)
市立第二中学校ではブラジルを学ぶ取組を進め、昨年度は株式会社明治の協力によるブラジルを学ぶ授業、今年度はブラジル大使館との相互交流を行いました。
ブラジル写真展では、生徒が調べ学習した成果を展示します。
協力:市立第二中学校
枚数:10枚

5 ブラジルのサンバ楽器(実物)
ブラジルの打楽器「パンデイロ」や「ガンザ」(マラカス)など、ブラジルの楽器(実物)を展示します。
点数:7点

目的経緯

新座市及び立教学院新座キャンパスは、東京2020オリンピックにおいてブラジルオリンピック選手団の事前トレーニングキャンプ地になっています。併せて、新座市は平成28年12月9日にブラジルを相手国としたホストタウンに登録され、ホストタウンの取組を推進しています。

ホストタウンの取組を進めるため、ブラジルを知る「ブラジル写真展~新座で結ぼう 世界の絆~」を開催します。

展示期間中の12月21日(土曜日)には「ブラジルホストタウン講演会」を同時開催します。

効果

写真展を通して、ホストタウンの取組を進めます。

連絡先

オリンピック・パラリンピック推進室(048-424-4687)