ページの先頭です。
トップページ > 記者発表資料はこちらからご覧いただけます > 【記者発表資料】JFAこころのプロジェクト

【記者発表資料】JFAこころのプロジェクト

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月11日更新

日時

令和元年12月13日(金曜日)
6年1組:午前10時50分から午後0時25分まで
6年2組:午後1時50分から3時25分まで

場所

池田小学校

主催

池田小学校長・・・川南真一
JFA・・・夢先生東京ヤクルトスワローズ田川賢吾選手・宮本丈選手
6年1組(35名)・2組(35名)

内容

前半(35分間)

体育館で、夢先生と子どもたちが、協力して様々なゲームを行う。みんなで体を動かすことにより緊張をほぐしながら、クラス全体に「協力すること」、「思いやりの心」、「全力で取り組むこと」、「ルールを守ること」などの大切さを伝える。

後半「教室におけるトークの時間」(55分間)

教室で、夢先生が「夢曲線」を黒板に描きながら、自身が困難を乗り越えて夢に挑戦した体験を話し「夢を持つことの素晴らしさ、それに向かって努力することの大切さ」などを子どもたちに伝える。

目的経緯

(1) こころのプロジェクトでは、様々な競技の現役選手/OB/OGなどを「夢先生」として学校へ派遣し、「夢を持つことや、その夢に向かって努力することの大切さ」「仲間と協力することの大切さ」などを「夢の教室」で伝えている。

(2) 夢の教室は、【ゲームの時間】、【トークの時間】と、夢先生と子どもたちがメッセージのやり取りをする【夢シート】で構成されている。

効果

本校では、研究主題「自己の生き方についての考えを深め、よりよく生きようとする児童の育成」と題して道徳教育を推進している。今年度は積極的にゲストティチャーを迎えて、様々な方の話を聞くことを通して、児童が生き方について考える場面を設定している。その取組の一環として行う。

連絡先

池田小学校(048-479-4051)