ページの先頭です。
トップページ > 記者発表資料はこちらからご覧いただけます > 【記者発表資料】令和3年度人権教育総合推進地域事業「チャレンジ!お菓子の株式会社」

【記者発表資料】令和3年度人権教育総合推進地域事業「チャレンジ!お菓子の株式会社」

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月6日更新

日時

令和3年7月15日(木曜日)

午後1時~2時35分

場所

新座市立池田小学校 (池田4丁目8番49号)

主催関係者

新座市立池田小学校長 川南真一 6年担任

日本証券業協会普及推進部

内容

(1)身のまわりの会社を探してみよう!

 ワークブックで「株式会社のしごと」「会社を経営するために必要なお金の集め方」など、株式会社の仕組みについて学習する。

(2)力を合わせて新しいお菓子を考えてみよう!

 グループに分かれてお菓子を作る会社を経営する。グループで話し合い、他のみんなに応援してもらえるような新しい商品を考える。

(3)商品のパッケージを作ろう!

 みんなで考えた企画をもとに、お菓子のパッケージを完成させる。

(4)新しいお菓子を発表しよう!

 考えたお菓子を作るために必要な材料や機械を買うお金を集めるために、各グループが新商品を他のみんなに発表する。

(5)「応援したい会社」に投資してみよう!

 一人ひとりが模擬紙幣を使って応援したいと思う会社に投資(投票)し、その証明として株券を受け取る。

(6)自分たちの会社の結果についてまとめてみよう!

 お金の流れやみんなの応援が株式会社を支えていることを学び、学習のまとめを行う。

目的 経緯

(1)人権教育総合推進地域事業の一環として実施する。

(2)グループワークを通して、企画力・表現力・コミュニケーション能力と相互理解力を高め、本校の課題である自尊心の向上の一助とする。

(3)株式会社のはたらきや株式による資金調達の仕組みについて体験学習を通して学び、社会科学習の一助とする。

(4)プレゼンテーションを行うことで、言語活動の充実を図り国語科学習の一助とする。

本校では、研究主題「自己の生き方についての考えを深め、よりよく生きようとする児童の育成」と題して道徳教育を推進しており、その取組の一環としても行う。

今回の授業は、新座市が取り組んでいる人権教育総合推進地域事業の一環としても実施する。「豊かな人権感覚をはぐくむまちづくり~だれもが自分らしく幸せにいきるために~」という主題の趣旨に沿った授業を実践する。

概要

詳細は「日本証券業協会 講師派遣」で検索

連絡先     

新座市立池田小学校 (電話048‐479-4051)