ページの先頭です。
トップページ > 記者発表資料はこちらからご覧いただけます > 【記者発表資料】国際交流員グスタヴォ・ラモスさんが新座市を退任します~市長との面会、職員による見送りを行います~

【記者発表資料】国際交流員グスタヴォ・ラモスさんが新座市を退任します~市長との面会、職員による見送りを行います~

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年4月12日更新

日時

令和4年4月14日(木曜日)

午後5時~5時15分(面会) 5時15分から見送り

場所

新座市役所 本庁舎4階

面会:市長公室 見送り:4階フロア

主催関係者

新座市

内容

新座市で国際交流員として活躍したブラジル人のグスタヴォ・ラモスさんが、3年間の活動を経て、4月14日で新座市での任期を終了します。退任の日に、市長からの感謝状授与、職員による見送りを行います。

 

【市長面会】

1 感謝状授与(並木 傑 市長)

2 花束贈呈(山崎 糧平 副市長)

3 記念品贈呈(永尾 郁夫 総合政策部長)

4 記念撮影

5 懇談(市長挨拶、ラモスさん挨拶)

6 終了

 

【見送り】

職員有志が本庁舎4階フロアでラモスさんを見送ります。

目的経緯

昨夏に開催された東京2020大会において、新座市はブラジルオリンピック選手団の事前トレーニングキャンプ(以下「キャンプ」)を受け入れました。また、キャンプを契機に、ブラジルを相手国としたホストタウンに登録し、交流を進めてきました。

 キャンプの準備・運営を円滑に進めるとともに、ホストタウンの取組を進めるため、ブラジルとの通訳・翻訳、ブラジル文化講座、情報発信等を行う人材として、一般財団法人自治体国際化協会が実施する、語学指導等を行う海外青年招致事業により、ブラジル人の国際交流員グスタヴォ・ラモスさんを任用しました。

 

【主な活動】

・ ブラジル選手団等との通訳・翻訳

・ 講座、研修(文化講演、市民向け出前講座、学校訪問授業、職員研修、ボランティア研修)

・ 情報発信(広報にいざやフェイスブックへの記事掲載、テレビ・ラジオ出演、YouTubeでのポルトガル講座、新聞等各種取材)

・ 要人通訳(駐日ブラジル大使等)

 

【経過】

平成28年12月9日 ホストタウン登録

平成29年6月25日 ブラジルオリンピック委員会とキャンプ実施に関する覚書(MOU)締結

平成31年4月15日~令和4年4月14日 国際交流員任用

連絡先     

シティプロモーション課

(電話 048‐424-4686)