ページの先頭です。
トップページ > 記者発表資料はこちらからご覧いただけます > 【記者発表資料】「スイミー給食」おいしく食べてスイミーと一緒に海の世界を旅しよう

【記者発表資料】「スイミー給食」おいしく食べてスイミーと一緒に海の世界を旅しよう

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年6月9日更新

日時

令和4年6月21日(火曜日) 

給食指導 (午後0時25分~1時15分)

場所

新座市立池田小学校

(新座市池田四丁目8番49号)

主催関係者

新座市立池田小学校長 鶴田千尋 栄養教諭 濱田はるか

池田小学校教職員

内容

○給食指導 午後0時25分から1時15分 

○新型コロナウィルス感染防止に留意しながら給食を配膳する。

○午後0時50分栄養教諭が校内放送で給食の献立についての説明を行う。

〇2年生の有志による「スイミー」の朗読劇を予め撮影し、校内放送で流す。給食と国語作品のコラボを行う。

○当日の献立

 2年生の国語の教科書に載っている「スイミー」のお話の世界を表現した献立。

(1)大きな魚(まぐろ)のそぼろ丼…お話に出てくる大きな魚(まぐろ)を使ったツナそぼろ丼。

(2)魚が泳ぐ海のすまし汁…魚の形のかまぼことわかめを使用し、文章中の「見たこともない魚たち」「こんぶやわかめの林」を表現。

(3)にじ色くらげ風クラッシュゼリー…本文中に表現されている「にじ色のゼリーのようなくらげ」を、サイダー味とぶどう味の2種類のゼリーで表現。

(4)牛乳

目的 経緯

○2年生では5月末~6月に国語の授業でスイミーのお話を学習している。お話に出てくる食に関する言葉から考えた給食を提供することで、学習や食への興味・関心を高める。当日は学習終了後の提供となる予定のため、お話を思い出しながら食べる。

○本校では、地産地消を基本として自校給食を行い、地場産食材の使用の取組を積極的に行っている。今回は埼玉県産の精白米、牛乳を使用。

効果

○2年生はお話の内容を思い浮かべながら、楽しく食べることができる。

〇他学年にはお話への興味をもたせ、楽しく食べるとともに図書室等で本を読むきっかけとなる。

○郷土食材を大切にする気持ちをもたせる。

連絡先     

新座市立池田小学校

電話 048‐479-4051