ページの先頭です。
トップページ > 組織でさがす > 国保年金課 > 輸血のための生血(なまち)代がかかったときの給付

輸血のための生血(なまち)代がかかったときの給付

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月1日更新

 緊急その他やむを得ない理由で輸血のための生血の費用を負担したとき、かかった費用について国保連合会が審査し、認められた金額について支給します。

給付の種類

療養費

給付に必要なもの

  • 輸血を必要とする医師の証明書
  • 輸血用生血液受領証明書
  • 領収書
  • 保険証
  • 印鑑
  • 世帯主の口座番号がわかるもの

このページと関連のあるページ