ページの先頭です。
トップページ > 新座市ロケーションサービス > 映画『MOTHER マザー』のロケが行われました!

映画『MOTHER マザー』のロケが行われました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月11日更新

新座市内でのロケ情報のお知らせ

『MOTHER マザー』

メイン画像©2020「MOTHER」製作委員会
サブ1©2020「MOTHER」製作委員会                         

 2020年7月3日に公開の映画『MOTHER マザー』の撮影に協力しました。
 2019年公開の映画『新聞記者』、『宮本から君へ』制作・配給のスターサンズと『日日是好日』の大森立嗣監督がタッグを組み、実際に起きた事件に着想を得て、新たな物語として紡ぎ出す衝撃作『MOTHER マザー』が、遂にベールを脱ぎます。

作品内容

 7月3日、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
 
母と息子。17歳の少年が起こした殺害事件。すべてを狂わせる≪この女≫、聖母(マリア)か。怪物(モンスター)か。

 男たちとゆきずりの関係をもち、その場しのぎで生きてきた女・秋子。シングルマザーである彼女は、息子の周平に奇妙な執着を見せる。周平に忠実であることを強いる秋子。そんな母からの歪んだ愛の形しか知らず、それに翻弄されながらも、応えようとする周平。周平の小さな世界には、こんな母親しか頼るものはなかった。
 やがて身内からも絶縁され、次第に社会から孤立していく中で、母と息子に生まれた“絆”。
 それは成長した周平をひとつの殺害事件へ向かわせるーー。
 何が少年を追い込んだのか?事件の真相に迫るとき、少年の“告白”に涙する。
 母親・秋子を演じるのは、長澤まさみ。今年で女優生活20周年をむかえる長澤が、役者として、一人の女性として、秋子というミステリアスな役柄に挑み、母親という存在の闇と奥深さを体当たりで表現している。17歳の周平役には、映画初出演にして初めてのオーディションで大抜擢された新人・奥平大兼。そして、秋子と内縁の夫になるホスト・遼を阿部サダヲが演じているほか、物語を彩る個性豊かな登場人物を、夏帆、皆川猿時、仲野太賀、木野花らが演じている。

撮影場所

総合運動公園管理事務所、新座駅北口土地区画整理事務所、市内の戸建住宅や焼肉店など

撮影の様子

新座駅北口の撮影の様子 焼肉屋の撮影の様子 総合運動公園の撮影の様子1 総合運動公園の撮影の様子2

概要

  • タイトル:『MOTHER マザー』
  • 監督:大森立嗣
  • 脚本:大森立嗣/港岳彦
  • 音楽:岩代太郎
  • 出演:長澤まさみ、阿部サダヲ、奥平大兼、夏帆、皆川猿時、仲野太賀、木野花
  • 配給:スターサンズ/KADOKAWA (C)2020「MOTHER」製作委員会
  • 制作プロダクション:スターサンズ
  • 制作協力プロダクション:SS工房
  • 公開日:令和2年7月3日

※ 映画に関する詳細は、映画『MOTHER マザー』公式サイトを御覧ください。

  • 公式HP:mother2020.jp
  • 公式Twitter:@starsands_movie